ブログランキング11

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2460
  • 読者 656
  • 昨日のアクセス数 36386

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/07 12:29:18

  • 77
  • 0

二人の話は…こうだった。

周子さんトリビュートのレコーディング中。

全く歌えないあたしは…ちさ兄に叱られまくって。

アメリカで何かあったんでしょ?って…沙也伽が聞いてくれて。

あたしは…

プライベートルームで、海くんとの一部始終を…

沙也伽に話した。


あの時…

部屋の片隅に。

沙都とノンくんが隠れてたなんて。

全然気付かなかった。

二人は、元気のないあたしを励ますつもりでもあったみたいで…

だけど、出るに出られない…重い話題。


それを聞いたからこそ…

沙都は、アメリカで…朝子ちゃんと話をしたあたしを励ましてくれたり…

いつもそばに寄り添ってくれてた。


「…ごめん、紅美ちゃん…」

沙都は小さな声で謝った。

「どうして謝るの?沙都が居てくれて…あたし、どんなに助けられたか…」

あたしの言葉に、沙都は。

「…だけど、本当に助けてたのは…ノンくんだよ。」

うつむいて、そう言った。

「…今思えば、ノンくんて相当前から紅美の事好きだったんだね…なのに、一人の女をずっと好きでいられるか…なんて、ひねくれた男。」

沙也伽は、嫌味たらたら。


…ノンくんは…

以前、あたしに『愛してる』って…

目を見て言ってくれた。

だけど、あれ以来…

海くんを勧めたり、沙都を勧めたり…


あ、あたしの事、好きでいてくれるんだ?

って思う瞬間はあるものの…

すぐさま、手の平を返したように…二人を勧める。

結局、二人を挑発するために、あたしに気のあるフリをしてるんだ…って。

そう思ってた。


ノンくんの誕生日も…

ツーショット、いきなり抱きしめられて…ビックリしたのに。

ノンくんはすごく普通で。

だけど…

耳元で『ディズニーランドでツーショット撮ったの、忘れたのかよ』って言われて…

あ、ノンくん…覚えてたんだ…って、ちょっと嬉しくなった。

やけにベタベタするなあって思ったら…

忘れてた罰だ。もっとくっつけ。って言われて…

あたしも…

あの時は、ノンくんにそうしたいって思えた。

ケリーズで優しかったのとか…思い出すと。

多少度の過ぎたスキンシップだとしても…

抱きしめるぐらいはいいかなって。


…ノンくんとは…一度付き合った。

沙都も沙也伽も知らないけど。

あの時は、全然あたしの気持ちは…不確かだったけど…

ノンくん、あの時…

あたしと海くんの事知ってて…付き合ったの?


「あたし、もう寝るわ。二人でじっくり話してスッキリしたら?」

沙也伽がそう言って、手を振りながら階段を上がって行った。

残されたあたしと沙都は…


「…僕の画像、集めてるの?」

そ…そこですか…

沙都が嬉しそうに、あたしの顔を覗き込む。

「…集めてるよ。」

観念してそう答えると。

「…紅美ちゃんのお母さんに話したの、僕じゃないって…言えなくてごめん…」

沙都は…そう言って、深く頭を下げた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 36th 28

    08/07

    階段の下に居るあたしと沙也伽は…突然始まった暴露大会に、...

  2. 35th 2

    07/23

    「それにしても、きれいだったよね。沙也伽ちゃん。」「沙都...

  1. 「…え?」あたしは…目を見開いた。だって…今、あ...

  2. 37th 44

    08/10

    あたしは…あれからchoconに顔を出す事はなかった。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3