ブログランキング15

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3330
  • 読者 726
  • 昨日のアクセス数 15533

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/06 20:54:23

  • 85
  • 0

「うわー、何これ。美味しい。」

海くんの誕生日にレストランでご飯して。

そして、カプリでのライヴが始まって。

そうなると…

『俺の誕生日もよろしく』って言われても。

ディナーはNGなわけで。


あたしとノンくんは、今日…ランチに出かけている。

今日。

ノンくんの誕生日。


「ほんとだ。ドレッシング絶品だな。」

ノンくんはすごく真剣な顔でそう言った。

…この男…頭の中であれとあれを混ぜて…なんて、絶対やってるよね。

料理の事に関しては横に並べないから、話題にはすまい…


「ねえねえ、夕べの『Big Apple』凄かったよね。」

何十年も昔、アメリカで発売された周子さんのヒット曲。

歌ってたのは、アイドルだったらしいけど。

あたし達はアレンジして、カプリ専属のピアニストの人に手伝ってもらって…セッションした。

「結構な老いぼれだったけどな。」

「もう、そんな言い方。」

「老いぼれにしか出せない音があんだよなー。刺激になった。」


あたしとしては…

ここに来て、やっぱりノンくんのギターが聴きたいなあ…なんて思った。

もちろん、ベースは文句なくカッコいいけど。

あたしは…ノンくんのギターが好きだ。


「…あのさ。」

「あ?」

「帰ったら…やっぱりベーシスト探さない?」

「……」

あたしの言葉に、ノンくんは手にしてたフォークを置いた。

「三人ってバランスいいなとは思うんだけど…あたし、やっぱりノンくんのギターが好き。」

ちゃんと、ノンくんの目を見て言う。

今も沙都を入れて、四人でDANGERって。

それを大事にしてくれるのは嬉しい。

あたしだって…そう思う。

だけど、あたし達…

「あたし達、プロだから。」

「……」

「これからも、いい音楽を出し続けるには…ノンくんのギターが必要だよ。」

あたしがそう言うと、ノンくんは視線をあたしからサラダに戻して…フォークを手にした。

「…沙也伽にも言って、帰ったら上に相談してみよう。」

頭ごなしに反対はしない。

でも…たぶんノンくんは、まだ…沙都とやりたいのかな…


そりゃあ、沙都がいてくれたら…とは思う。

だけど、きっと沙都はもう…ずっとソロでやってくだろう。

最近は自分の楽曲も歌うようになった。って、メールが来た。

…追いかけてくれる時の沙都は…

メールも頻繁だ。

あたしはそれに対して、以前と同じような淡泊な返信をする。

…それが、沙都の力になるって知ってるから…。


「へー…ここかあ。」

約束してた『ケリーズ』に連れて来てもらった。

店内をぐるりと見渡す。

あちこちに古い写真があって。

その何枚かに…さくらばあちゃんの姿が見えた。

「ぶっ。えーっ…ばあちゃん…全然変わってない…恐ろしい…」

あたしが写真を見てつぶやくと。

「だろ?バケモンだよ…あの人は。」

ノンくんが笑った。

「可愛いお店だね。」

「ああ。」

ばあちゃん…ここで働いてたんだ。

雑貨がたくさんあるお店。

日本でも見かけるような、何でもないようなお店だけど…

不思議と、温かい気持ちになった。


「あ、これ可愛い。」

おはじきのような形のブレスレット。

平たい丸で、色はさまざま。

「軽いな。」

ノンくんも自分の腕にはめて眺めてる。

「これ、沙也伽の色だね。」

あたしがモスグリーンと生成色の組み合わせを見て言うと。

「おまえのは、これだな。」

ノンくんは、シックな深紅と薄紫の組み合わせを持った。

「あっ、カッコいいなあ。」

それを腕にはめて眺める。

「ど?」

ノンくんに見せると。

「じゃ、それとそれを買ってやる。」

ノンくんはモスグリーンのと、深紅のを手にした。

「え?」

「沙也伽とおまえに。二人とも頑張ってるからな。」

「え?え?ノンくんの誕生日なのに?」

「高価な物なら勘弁してくれって言うけど…」

ノンくんは値札をあたしに見せて。

「な?」

笑った。

「……じゃあ、じゃあ、ノンくんのも買おうよ。」

あたしは提案する。

「は?俺はいいよ。」

「でも、三人でお揃いっていいじゃん。DANGERブレス。」

「女子か…」

「ノンくん女子力高いし。」

「嬉しくない。」

「ほらほら。これ似合うよ。」

濃紺と辛子色の組み合わせの物を渡すと、ノンくんは首をすくめて。

「…ま、いっか。」

三つを手にしてレジに向かった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 36th 22

    08/06

    「ただいまー。」紅美とノンくんが帰って来た。毎晩カプ...

  2. 3rd 9

    04/28

    「あははははははははははははは!!」珍しい事に、丹野さ...

  1. 31st 77

    07/07

    「……」まあ…雑貨店と言っても…バラエティショップと言う...

  2. 帰宅してお昼を食べてふと思ったもしご高齢のおばあちゃん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3