ブログランキング17

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3365
  • 読者 728
  • 昨日のアクセス数 10116

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/06 08:06:44

  • 87
  • 2

「…慎太郎と、連絡取り合ってたの?」

港を歩きながら、海くんに問いかけると。

「ああ…って言っても、紅美達が帰国した後ぐらいからだな。」

「そっか…」

「…急に電話して来てさ。『久世だ。覚えてるか』って。忘れないって。」

「…連絡先、どうして知ってたのかな。」

「…なんでだろうな。」

海くんは、小さく笑いながら。

「俺の名前を羨ましいって言ってた。」

って、髪の毛をかきあげた。

「海?」

「ああ。漁師になれば良かったのにって言われたよ。」

「ふふっ…」

慎太郎…

海くんとも連絡取ってたなんて…


「ここは…いい所だな。」

景色を見渡しながら、海くんがつぶやいた。

「…うん。」

「久世くん、余命を告げられてから…だいぶ生きられたのも、この景色と仲間たちのおかげだって言ってた。」

「……」


慎太郎と海くんは…

あたしの知らない繋がり方をしてたのかもしれない。

男同士ならではの、気持ちも…伝え合っていたのかな。


「最近は、おまえの事が心配だ、って。そればっかり言ってた。」

「…え?」

「沙都がアメリカに行って…紅美が紅美じゃなくなってるって。」

「……」

…いくら終わってるからって…

海くんに、こんな事を言わせる自分が嫌になった。

あたし、どこまでみんなに心配かければ気が済むんだろ…


「沙都とは連絡が取れなかったから、トシに電話してさ。」

「え?うん…」

「一緒に住もうって話したんだ。」

「え…?」

「あそこなら事務所ともそんなに遠くないし。沙都もトシも気兼ねはないかなと思って。」

「海くん…」

「おまえも、待ってるんじゃなくて…動いたらどうだ?」

「……」

「プロポーズは男から、なんて決まってないぜ?」

そう言った海くんは笑顔で…

そっか。

海くんも…何か動こうとしてるのかな…って思えた。


あたしがあれこれグチャグチャ考えて…

自分で自分の首を絞めてるうちに。

周りはどんどん変わって来てる。


さあ。

どうする?あたし。


そうだよ。

待ってるだけなんて…あたしらしくない。


本能で動け。

…以前、言われたっけ。


…ノンくんに。


あたしの本能は…


どう動く?

どう…

動きたい?

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ヒカリさん(99歳)ID:6580802・08/06

    アリアンヌさん
    妄想世界ではいい男しか存在してはならない。って掟でもあるんでしょうかね⁉︎私の頭の中ー!(´゚艸゚)∴ブッ

  2. 阿沙子さん(48歳)ID:6580750・08/06

    みんな…良い男ばっかり(T^T)
    海君…ノンくん…(T^T)

  1. 1

    MyhoneyCin...

    10時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18311 / 読者数 4119

  2. 2

  1. 3

    When love ...

    19時間前

    リノ

    記事数 712 / 読者数 1490

  2. 4

    YOU.

    7時間前

    優奈

    記事数 470 / 読者数 623

関連するブログ記事

  1. 海へ向う

    2016/09/05

    海へ向う細く長いくねった路を歩いた先に岬がある海へ向...

  2. 21st 32

    06/20

    「うす。」卒業式。時間より早く登校してしまって屋上に...

  1. 47th 21

    09/29

    「まあ…確かにな。酔っ払った勢いで結婚した。気持ちはない。な...

  2. 36th 38

    08/07

    「よ。」待ち合わせ場所に行くと、海くんが手を上げた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/14 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3