想いの果て

心が晴れやかになることを、道標にしたい!

  • 記事数 629
  • 読者 70
  • 昨日のアクセス数 500

太った燕(2)

しおりをはさむ

2017/08/05 01:14:11

  • 7
  • 0

家に帰り着いたのは午前2時頃だった。
ネコのミイちゃんが
年下くんの足元ですり寄り
頭、コチンをしてる。

控え目な甘え方は私と同じだ。
ネコのミイちゃんがいるおかげで
場の空気はより和んだ。

大きなバックから
中村屋のカリーあられ、東京百年物語・焼きキャラメル
バターバトラのフィナンシェのお土産を取り出し

「いつもの器を持ってきて、、、」と言っている。
実家で数十年使っていた
漆塗りの器、
ミカンやお菓子入れる定番の懐かしい器は
年下くんも田舎を思い出すようでお気に入りのようだ。

「どうぞ・・・・」と言って
テーブルに置く。

私はいつもウンチクを言いながら
笑顔で食べる。そして半年で4キロ増し"(-""-)"

順番にシャワーを済ませ
明日の予定を発表する年下くん、、、、
「明日は9時起きでブランチを食べに行きます!」

あの、、、もう逢えない
もう遅いのやり取りは何だったのか・・と過るも
直ぐに改め、何もなかったことに書き換えていく。

自分の気持ちは追及するも
相手の気持ちは追及しても意味はない。
例え言葉で説明されても
想像するか察するしかできないのだ。

心意なんて。。。。
あるようで、ないのだ。
よほど完璧でもない限り
心は揺れるものであり
相手がブレたところで
そこを指摘するなんてことは
あまりしたくない。

明日のブランチは
先月に行った小さな漁港だ。
潮の香りと
風の抜ける
おっとりした港の食堂
まるまる太っていたツバメに会えるだろうか?

そんなことを考えながら
眠りにつこうとしていた。

フランスくんから5回以上Skype電話があったようだ。
次の日の朝も電話には出られなかった。
日本に立ち寄ることはないように思っている。
途轍もない距離感を改めて感じている。

こちらが、いくら望んだところで
逢わないと始まるはずもない。
もう想いを無駄に募らせることは止めたのだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 夜風。101

    2014/11/22

    しゅん『酔い、覚めたかな?』しおり『うん。だいぶ夜風に当...

  2. お題

    2016/04/15

    本当は、年上と書きたかったのですが、年齢からいくと、明日、明...

  1. 火曜日昨晩から何度か体温を測っても常に36.8℃。解熱だ...

  2. 16歳年下の彼Tにすっかり鍛えられている気がする。うぅーー...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3