ブログランキング32

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1118
  • 読者 541
  • 昨日のアクセス数 8934

Moonshine 13

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/05 02:25:06

  • 31
  • 0

き……気まずい……。
怖くて隆の顔見れない……。



『……大野は、いつでもリカの事一番に考えてるよ』

ふと幸一郎の言葉を思い出す。


……そうだ、あたし隆に言いたい事があったんだ。


「隆……ありがとうね。いつも助けてくれて……」

隆史は眉間に皺を寄せて目を逸らす。

「……僕は何もしてないよ」
「そんな事ない。最初から、嫌がらせされてるのに気付いてくれたのは隆だもん。だから生徒会に誘ってくれたんでしょ?」
「生徒会だって……僕が誘わなければこんな事には……」

苦々しい表情で、珍しく弱気な発言。


何でよ?
そんな事が言いたいんじゃないのに……。


「あたし、生徒会に入った事後悔してないわよ!」
「……どっちにしろもう無茶な事はさせないし、何かあっても幸が守ってくれるよ」


なんでそこで幸が出てくるの!?


「なんっか……隆らしくない!いつももっと強引で笑いながら酷い事言うのが隆でしょ!?」

「人を何だと……」
「幸に守って欲しいなんて思ってない!!あたしが強くなるから!!……だから一緒にいてよ」

思わず隆史の袖を掴んでいた。


驚いたような瞳を至近距離で覗き込む。


「……隆が好き」


気付いたら隆史の腕に包まれていた。
苦しいけど嬉しくて……涙が溢れそうになる。


暖かい心臓の鼓動と体温を感じながら、普段だったらあり得ない隆史の心の弱い部分に触れてる様な気がした。
抱き締められたまま、小さいけど強い声が耳に届いた。

「……リカを守れる男になるから」


あのね、隆……今までだってずっと、守ってもらってるよ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. あの時……幸一郎が迎えに来てくれた時。「……隆が……頼ん...

  2. 「助けてくれたのが幸じゃないって……どういうこと……?」...

  1. 24th 6

    06/23

    「早乙女さんは、何をされてる方なんですか?」「僕?僕は絵...

  2. 誕生日5

    2013/08/13

    完璧に浅野さん酔ってるんですけどーいつの間にかお店の角...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/20 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3