小説置き場

原案上は完結。ブログではまだ半分くらい。主に経験や聞いた事等が元ネタ。

  • 記事数 412
  • 読者 56
  • 昨日のアクセス数 259

266夢で見た話から作成

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/04 15:41:37

  • 8
  • 0

アヤが替わりに、ヤツに探りを入れてくれている。
好みのタイプとか…
チラッと見られて、考えたく無いけど…俺の事!?
背筋に寒気が…。

「放っとかれたら、どうするの?」
と言うアヤの質問に、
「家に押し掛ける」
と言う答えを聞いた瞬間、
『ヒィー!』
俺の心の中で悲鳴が上がった。
今まで感じた事の無い恐怖だ。
しかも「今まで押し掛けた事は?」と言う答えも、「ある」
『ヒィー!!』
一言で済ませられると、かえって凄みが増して怖い。

うち知られてるし、職場も知られてるし。
放っといたら押し掛けられて、俺、捕まえられて、拐われるのかも…

怖過ぎて、そっとアヤの手を握った。
アヤが俺の顔を見て、困ったような顔で笑った。
いつもなら、この顔されると押し倒すとこだけど、今は、この顔に癒される…

「そろそろラッシュに掛かるといけないから、帰ろう」
アヤが言ってくれた。
「あっ、じゃあ俺、タッパーに詰めてくるんで」

キッチンへヤツが行った間に、また小声で話す。
『アヤ、ありがとう。俺の貞操…守れるかな?』
『貞操って…。大丈夫だって。
でもなるべく、夜道の一人歩きは気を付けるようにした方がいいかも』
『えー。仕事、いつも終わるの夜なのに』
『だから、時々後ろを確認するとか、電話してるフリして歩くとか…』
『うーわかった。ホントはアヤに居て欲しいけど、バイトあるし…』
『よしよし』
アヤが頭をナデテくれた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. アヤは、キスマークが気になっているらしく、手をしきりにそこへ...

  2. 一般的なジェットコースター2種類乗った。爆笑したり悲鳴を...

  1. 買い物から帰ってきて、早速昼と夜とついでにアヤに持たせる常備...

  2. 始まっちゃいましたよ〜!仕事。出勤する直前まで、駄々っ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3