先輩に恋をして〜海外編〜

先輩に恋をして本編は終わり 海外編スタートです。新しい仲間と恋愛と。

  • 記事数 275
  • 読者 511
  • 昨日のアクセス数 236

パタヤまで③

しおりをはさむ

2017/08/04 13:02:40

  • 61
  • 0

バスを降りて、やっとパタヤ☺️☺️


と思ったら、


次は、船だよ!!

と言われたorz


綺麗なビーチに行くにはさらに30分船に乗らなければならない。



その前にご飯を食べようにも、ハエがブンブンいるところでのご飯。



慣れたつもりだったけどやっぱりしんどい。


それは、佑輔くんも同じだったようで
2人してげっそりした。





そして、船へ。


ギリギリに乗り込んだもんだから
みんなとまとまって座れるところがなかった。


みんなが2人ずつ別れていく。

私は健くんと一緒に座ることになった。


バスと比じゃないくらい狭くて、
暑い中完全に密着状態。

「暑いね、」

「ごめんね、俺なんかと座らせちゃって」

「え?なんで?」

「佑輔くんと座りたかったよね?」

「いやいやいや、違うよ?!」

「そうなの!?」


「そうだよ、笑 たまたまだよ?」

「そうだったんだ。てっきりカップルになったんだと思ってたよ」

「ちっがうよ!!笑」

と話をしていた。
やっぱり誤解させてたんだ、、。





そして、いよいよ船が揺れ始めて私は酔い始めた。


気持ち悪い。

健くんが大丈夫?と声はかけてくれるけど
気持ち悪くてなかなか返事ができない。

とりあえず寝ようと目を閉じたら


「わりー、健。席変わってくんね?」

佑輔くんがきた。


「えっ?」


「ふみちゃんと会話続かなくてさー笑」
そう言って健くんの荷物を自分の席へ持ってくと、もう一度わりーなっ、と言って私の隣に座った。


「……なに」

「気分悪いんだろ?とりあえず水飲め。」

そう言って水をくれた。


「ありがと」

「おう、」


飲み終わった私をみて今度は肩に手を回して寝ろ!と膝の上に私の頭を寝かせるように力を入れた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 朝学校に集合。"京平くんキャップかぶってる!カッコいい...

  2. 京平くんのキャップを借りて有頂天になった私はずっと京...

  1. 31.

    2016/06/27

    ⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘開けた窓か...

  2. いい気持ちで酔った激しく眠い「芽吹ちゃん?大丈夫?」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3