• 記事数 9
  • 読者 1
  • 昨日のアクセス数 1

百花と 8

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2017/08/04 14:55:32

  • 2

二人だけの部屋。
距離はわりと近く。


卒業アルバムを見せてもらってた。
澄くんは百花から見せてもらってたって言うから。




「これ、澄くんだ。」

「変わった? 大人っぽくなってます?」

「うん… あ、うん…」


話はさほど聞いてない。

クラスのページ とか部活とか、いろんな行事の中から
澄くんの姿を探すのに夢中。





「中学もサッカー部?」

「違うよ。」

「どこだろう……え? これ…?」

「そう、正解。見つかっちゃったな。」





気まずそうに笑う澄くんは
意外にも文化系。

吹奏楽。





「楽器…何やってたの?」

「あー、結さんと………一緒。」



アルバム見て知ってたのかな。
それとも百花から聞いたとか。

もしかして…

中学の時に会ってたりするのかな。








同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. しばらくして、イモリの噂の真相を知った。 ...

    YOU.

    • 94
    • 0
  2. 『部活は何かやってたの?』鍛えてそうな体型だもんね。...

  1. 私達は中学生になった。だけど邦宏ともマミともクラスはバラ...

  2. 高校入学

    2014/10/12

    高校に入学して初のクラス同じ中学の人も知ってる人もいなく...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3