エロいことだけ語る

旧Blog:全て自己責任、の作者と同一人物。エロいことの独り言。

  • 記事数 860
  • 読者 429
  • 昨日のアクセス数 537

よござんすな

しおりをはさむ

テーマ:雑感 > 毒舌

2017/08/03 23:08:18

  • 25

刑務所に収容されてる殺人やら覚せい剤やら窃盗やった人が、長時間かけて芸術工芸作品や家具、石鹸、かごなどをつくりまくって売りまくる矯正展。
立派な螺鈿の屏風とか、ズンバらしく磨いてある木のテーブルとか、鏡台。

私はぜってー一生かわないぜ。
毎回見かけたら腹わた煮え繰り返りそうだもん、私、犯罪被害者じゃないけど。

だってよ、寝床清潔な服、休憩時間管理までされて、立ちっぱなしで働きすぎて死ぬわけない労務環境だろうし、電話で理不尽なクレーム電話受けたりしないし、クソ鬼のようなブラック上司は存在しないし、シャバの世界の方がよっぽど刑務所だろ、っていう逆転現象があるだろうし、何よりも、やりたくない仕事に違いないけど、たまに、すっごいやりがいと楽しさを感じながら、生まれて初めて作業に集中したり、ありえない美しさを扱いながら家具を作ったり、むかつくんだよ。

おめーの仕事やらせろや、そっちの方が丹精込めてんじゃねえの?充実してんじゃねーよ、被害者は万引きで店がつぶれたり、大黒柱が殺されて妻子は貧困に喘ぎながら生保営業ババアやらざるをえないんだぜ?
とか想像しちゃうんだよね。

それに鏡台とかありえん。
犯罪者が何十人も映りまくりだったわけで、その鏡なんか汚れた魂を吸い込んでじゃねえの、って、木や素材に犯罪者の想いや魂が込められしまい、市場相場よりより安いからって買うのは許せない。相場より高い値をつけてる一般企業が犯罪者に負けたら阿呆らしい。

楽しく作業してんじゃねーよ、って痛感する。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/23 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 不倫する女性は日本から出て行け
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3