ブログランキング35

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2326
  • 読者 563
  • 昨日のアクセス数 7399

夜明け《267》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/08/03 21:12:22

  • 57
  • 2

☆ボクはそれでも恋をする☆       





タクミはハッとして、顔を上げる。


ペチン!


また、お尻を叩かれた。


「痛いよ……カオル」

「赤くなるケツもいいな」

「は?何いってんの?」


ペチン、ペチン。


強い力で叩かれてはいないが、タクミに
ピリッとした痛みが走った。


「やめてよ~」


タクミは肩越しにカオルを見る。すると、
後頭部を押さえられ、枕に顔が埋まった。


「フガッ」

「体に傷はつけない。少しだけお前を
征服させてくれ」


カオルは後頭部を押さえつけたまま、
ズブッと一気に挿し込んだ。


「んんんっ!」


タクミの声は枕に吸い込まれ、苦しげな
うめきだけが聞こえる。

空いている手で、タクミの腕を捻り、
背中側に締め上げる。


「んん!!」

「今、お前は俺に絶対服従だ。抵抗したら
肩が外れて、窒息するぞ……」

「っ…………」


いつもの優しいカオルと違い、狂喜じみた
その態度に、タクミは恐怖を感じる。

が、それと同時に与えられている、快楽に
堕ちていった。


「タクミ………………タクミ…………」


頭を押さえる手から、時々力が抜け、
呼吸が確保される。


「…………ル………………オル……」


名前を呼びあい、永遠とも思えるほど
長く続けられる行為。

タクミだけが、何度も果て、シーツに
白い海を作る。


窓の外が白み始めた頃……


「っ……」


タクミの中に、静かに熱い愛が放たれた。


その瞬間、タクミは意識を手離したの
だった。







○( ̄- ̄)

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ☆エリス☆さん(36歳)ID:6580633・08/05

    ルカさん

    へへへ、激しいのは
    お好き?

  2. ルカさん(47歳)ID:6579878・08/03

    エリスさん

    はっ激しいです…ε=ヾ(*~▽~)ノ

関連するブログ記事

  1. ☆ボクはそれでも恋をする☆       「あぁ~...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       『あぁ…...

  1. 苦悩《91》

    2015/05/12

    …………91「シン!」タクミはありったけの瞬...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       「ん……...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. ママ友の発言にドン引きした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3