ちはるさんのブログ

過去のプラトニックなお話です。

  • 記事数 84
  • 読者 52
  • 昨日のアクセス数 26

追いかけて

しおりをはさむ

2017/08/07 12:17:32

  • 0
  • 0

追いかけてきてくれた。



会えないと思っていたのに。




着替えもせず、楽器も片付けず、タキシードでサックスを首から下げたまま追いかけてきてくれた。



これだけで、私に向かって歩いてきてくれる先生の姿を見るだけで、もう色んなことが頑張れるような気がする。





先生は、タッタッタッと、軽く走りながらこっちに向かってきた。



私もたまらず先生の方へ走る。





先生は、少し息が上がっているようにも見えた。



先生は大きいため息をひとつつくと、言葉を選ぶように私に声をかけてきた。




『・・俺がこないだ言った意味が分かったか・・?』




あぁ・・・やっぱり、知ってたんだ。




『はい・・・』



ヤバイ、泣きそう・・・




『ごめんな、異動、止められなくて。』




泣くのを我慢して喉が痛い。



声を出せば泣いてしまいそうになる。




私は首を横に振るのが精一杯だった。





『お前はこの先の人生で、自分の力ではどうすることも出来ない事にたくさんぶつかると思う。
今回のことは、そのうちの1つだよ。

この異動はお前たちのせいじゃない。』



『・・・はい・・』




声を振り絞る。




『もしかしたら、俺も志水先生も、もうおまえ達の学校に行けないかもしれない。


でも、いつでも力になる。

困った時は電話でもなんでもしていいし、会いたいと思ったら会いに来てくれてもいい。
俺が会いに来てもいい。』

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/21 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3