ブログランキング35

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2326
  • 読者 563
  • 昨日のアクセス数 5322

狂《266》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/08/03 21:12:05

  • 40
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





拘束されたままカオルに揺さぶられる
タクミはただ受け入れるだけしかできない。

カオルの動きはそれほど激しくはないが、
タクミの弱点を的確についてくる。


「カオル……カオ……ル……」

「ん?もう少し深い角度がいいのか?」

「ち……ちが……」


首を横に振るが、角度を変えられ、さらに
強い快感に支配される。


「やぁーーーーそこぉーーーや、やめて」

「狂ってもいいぞ、もっと感じろ」

「変なのくるぅ~~~~やぁ~~だ~~」


タクミの手を縛っている紐がグンと突っ張り
手への血流が悪くなり、赤黒くなる。

ポロポロ涙を流しながら、激しい波に飲み
込まれる。


「やぁ~~~~~~」


プシャーッ


緊迫していたソコから、潮が吹きあがった。


タクミもカオルもびっしょり濡れ、タクミの
意識が朦朧とする。

すると、手の拘束がとけ、冷たくなった手を
カオルが包み込んだ。


「大丈夫か?」

「ここは……どこ?」

「天国かもよ」


タクミの手をマッサージしながら、まだ抜いて
いないソレでユルユルと中をこする。


「俺も天国に行っていい?」

「うん」

「じゃあ、後ろ向いて」


と、タクミを180度反転させた。


「シーツ、汚れちゃう」

「どっちみち、今夜は眠らせないから気に
するな」

「……くぅ~ん」


タクミは腰を突き上げ、上半身はシーツに
伏せ、フカフカの枕に顔を沈めた。

そして、カオルが入ってくるのを待つ。

しばらくすると、温かい手で双丘を撫でられ、
気持ちよさにうっとりしていると…


ペチン!


「!?」


叩かれた。






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       「そこ…...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★      リキの手が...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       果てたタ...

  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       絶頂を...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3