先輩に恋をして〜海外編〜

先輩に恋をして本編は終わり 海外編スタートです。新しい仲間と恋愛と。

  • 記事数 275
  • 読者 506
  • 昨日のアクセス数 79

パタヤまで②

しおりをはさむ

2017/08/03 14:01:50

  • 55
  • 0

バス停へ行くとプロイたちがいた。

「え、一緒に来たの?」

「そこで会っただけだよ」


その間は男同士で佑輔くんは史雄さんと話してる。


プロイはプロイの友達とタイ語で話すから話に入れない。。


しばらくして、トミーさんたちも来て
全員合流したところでパタヤ行きのバスのチケットを買った。


バスは2人がけずつ。

プロイはプロイの友達と
トミーさんはトミーさんの友達

史雄さんは年下のもう1人の男の子(健くん)

となれば、私が必然的に、、、。



「ほらな?俺いてよかっただろ?」
と肩をポンと叩かれた。


「そうだけど」

「後ろだし、イチャイチャし放題だな」

「そういうのいいから」

「照れんなって」

「私は窓際がいい」

「へいへいどーぞ」

そう言ってバスに乗った。


日本のバスみたいに良いものではなく狭い

1つ1つの席も小さい気がするし
シートベルトなんてもんもなく。


佑輔くんの広い肩幅が当たる。

…気にしない。



音楽でも聞きながら寝ておこうと体制に入った。


「寝るん?」

「うん、眠いし」

「んじゃ、俺も寝る」

そう言って私の肩に頭を置いて来た


「ちょ、厚かましいわ」


「いいじゃん」

「私音楽聴きたいの」

「聞けばいいじゃん」

「頭邪魔」

「へいへい」

私が右耳にイヤホンをさそうとするとそれをとって佑輔くんが自分の耳につける。

「何すんの」

「俺も聴きたい」

「……」

そして、また頭を乗せてくる





もう、なんて言い返せばいいかわからなくて
諦めた。






佑輔くんは、どんな気持ちでこんなことをするんだろう。

好きとかそんなわけない。

こいつ、何人もの女の子誑かしてるの知ってるし。見たし。手に入ったらポイだし。




私が思うように動かないから面白いのか?

なら、適当に合わせたら飽きて去るのか?



私は去って欲しいのか?
なんだかんだ私はこんな馬鹿らしいやりとり楽しんでんじゃないの?


そんなことをぐるぐると考えてたらいつの間にか私も佑輔くんの頭に頭を預けながら寝てた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「ちょっと!村瀬、ここじゃないでしょ?!」「えー!いい...

  2. さすがに眠くなってきた。カズキも『そろそろ寝るかー』って...

  1. お風呂にお湯がたまったので「宗〜お風呂できたよ。入ってき...

  2. ヒモパンをはいてバスタオルを巻いて部屋に戻ると照明を落とし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/17 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3