アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 89
  • 読者 23
  • 昨日のアクセス数 2012

彼の再就職。

しおりをはさむ

2017/08/03 08:12:44

  • 1
  • 0

ショッピングセンターの合同就職説明会で、彼の就職先が決まった。
某老舗レストランがそこのショッピングセンターにカジュアルなレストランを出店することになり、料理人を募集していた。
開店までの数ヶ月間本店の厨房で修行をして、それからショッピングセンターで働くという。
「今から店を作っていける、っていうのがいいよね。
新店舗のスタッフ募集、ってのを見てこれだと思ったよ」
彼はそう言った。

「ね、だから私の言った通りだったでしょ。
合同就職説明会、行って良かったでしょ」
そう言いたかったけれども、それは我慢した。
そういう恩着せがましい言い方は嫌う人だと、分かっていたから。

就職が決まった時は2月中旬、採用は4月1日だった。
彼が仕事へ行くまでの1ヶ月間が、今思えば彼と一番長く一緒に過ごした時期かも知れない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 年が明けてから彼は、失業保険をもらいながら就職活動をしていた...

  2. 4ヶ月ぶりに連絡をくれた彼は、何と仕事を辞めていた。次の仕...

  1. 彼と仕事を一緒に始めたのが10月。その後私が会社の代表に...

  2. 534、

    2016/02/14

    時は、びゅーんと飛んで6月のある日。短大、2年目。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3