• 記事数 55
  • 読者 35
  • 昨日のアクセス数 23

2017/08/03 02:56:30

  • 7
  • 0

ってことで本題!!前回話逸れてすいません

私は友だちの菜緒に勧められてガールズバーで働くことになった
自分的にキャバはしたくなかったから時給も良いしガールズバー丁度良いかなってな感じのノリでの面接
店長からは
『いーね、今日から働いて貰える?
ただ店長の俺が言うのもあれやけどこの店結構女の子たち威張りあってるみたい!
気おつけてね』
んーー入るの迷うなぁなんて思いながら
『大丈夫です、私サバサバしてる方だと思うので先輩達の標的にはならないと思います
もし標的になっても気にならないので大丈夫です』
店長は
『そりゃ強いそりゃ良かった!服これ!
着て速攻出勤!がんばってよーかわい子ちゃん』
そう言われ服を渡された
至ってフツーな服
あー家帰ったら有りそうぐらいの感じ
まぁでも露出度高め
ドレスではないけど胸元空いててへそ見えてる
スカートはタイトのミニ
そこそこ可愛い着れる
なんて上から目線なんよ私(笑)
そこに菜緒が来て
『いーやん!はい!店出るよ!』
そう言われ連れられて店に出た
人がわんさか溢れてる
まぁ今日華の金曜日やしそりゃ混むわ
菜緒に付きっきりで色々手順を教わる
そんな時に1人の客が私の前に座った
『可愛いやん!相手してよー』
チャラ男?!えー苦手無理いや
そう思いながらも
『本日御来店ありがとうございます!
何かお飲み物お飲みになられますか?』
苦笑いで営業
そうすると
『堅苦しい!楽に喋ろう!タメでいいよ!』
えー何この人
『いやいやお客様ですので!』
そう言うと
『友だちになりたくて来た!
俺の名前は俊!仲良くなろう!本名教えて!』
案外悪いヤツじゃなさそう
そう思いながら
『リサです』
そう言うと俊は
『現氏名とかじゃなくてリサでいいんな?』
『はい』
初めは警戒心丸出しだった私が打ち解けれる雰囲気を作ってくれたおかげで自らもいっぱい話せるようになった
私用の連絡先も教えて営業外で飲みに行くこともあったし、私が出勤の日はほとんど来てくれた
キャバでもないのに客がついて店長からは褒められた
まぁ当然先輩達には睨まれた
気にしなかった、気にならなかった
私は基本ロッカーには何も置かないし
着替えとかは家でする
服を破られてるとことか見てるからね
貴重品は持って行かない
ポケットに入るお金と携帯と鍵のみ
営業中もポケットの中
何も取られる心配はないので何も気にならなかった
そんな俊のおかげで下半期売り上げぶっちぎりトップ
もちろん時給も1000円上がった
好景気すぎる

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 洗面所に行って、さっきまで知らない男の精子が入っていた口を...

  2. 「こんなにレベルの低い店じゃ、外注の大切な御客さんは呼べない...

  1. 私は朝一番で売り場に電話を入れ体調が悪いから休みたいとお願...

  2. ある日、姉妹店にヘルプに行ってくれと言われ行く事になったのだ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/17 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3