Life × Sex

特に変態ぽさは無いけれど、彼氏との快感を思い出し(時々それ以外も)書いていきます。

  • 記事数 5
  • 読者 17
  • 昨日のアクセス数 246

彼との初夜①

しおりをはさむ

2017/08/02 21:35:35

  • 3
  • 0

交際して3回目のデート。
自宅に誘われたときから、こうなるって分かっていた。それくらいには女...もう30歳になったし当たり前。

そんなあざとさと裏腹に、私は清純そうな白い下着をつけて準備していた。

キスへのモーションは私から。
彼の部屋で話し込んで、隣で肩を並べて話しても距離を詰めてこない彼氏に業を煮やして、私から肩に腕を回して顔を近づけたら、吸い寄せられるように彼の唇が近づいてきた。
そこからは早かった。
わたしを抱きしめながらキスをして、胸に触れた手が始まりを知らせた。応じるように私も濡れた息を漏らした。
ブラウスから露になった下着をずらし、乳首に彼が吸い付く。私は久しぶりの快感に身をよじり自我を保とうとする。

こんなに気持ちよかったっけ...

一年くらいは自慰で済ませていた。
自分の指では到底与えられないような、舌の湿った感触と吸われる刺激に、唐突に固くなった乳首。胸を攻められているうちにまだ触れられていない下の口が熱くなり始める。
私にまたがっていた彼が、私の太ももを持ち脚を開かせ足の間に入ってきた。そうされることで無意識に太ももを擦り合わせていた自分に気が付く。

欲しい、早く彼のを入れて欲しい...!

早くも自覚してしまい、下の口がクパクパと動くのを自覚する。
だらしなく愛液を垂らし始めたのを気がついた彼は指で愛液をすくい上げ、豆を弄る潤滑液として塗りたくった。
コリコリと豆を弄られ仰け反る私、気が付いたら吐息の合間に声も漏れている。

久しぶりで、演技する余裕とか無くなってる...!

キスをしながら胸や豆や膣を、彼の細長い指と舌が交互に刺激を与えてくる。もうとっくに彼の肉棒が欲しくて欲しくて堪らないが、交際初夜で懇願する自分を想像して興醒めしそうになる。

あぁ、早く欲しいのに...

時間をかけた愛撫にトロトロになった私。
限界を迎える手前で彼が「入れるよ。」と言った。

やっと入れてもらえる喜びで、思わず目線を彼の肉棒に移すと慌てた。
いきり立った彼のそれは経験したことのない大きさと形だったからだ。充血して固くなった彼の肉棒は、優しい彼とは異なり大きくて狂暴そうであった。尖った亀頭、鋭角のカリ首、太い茎...少し反っていて、私の中に入るのかすら自分の経験では分からなかった。

一瞬で駆け巡った思考が、膣に亀頭が入ってきた瞬間に吹き飛んで「痛い!ゆ、ゆっくり!」という言葉になって出ていた。
やはり、大きい。彼も応じてゆっくり進めてくれるのが分かるが、緊張で膣に力が入り、余計にキツくなるのを自覚する。どう緩めたらいいか分からず、とりあえず深く呼吸をするように心掛けた。
亀頭よりも太い茎が、私の体を裂いて入ってくる。
まだ、彼の半分もは入ってないのに、彼の先端はもう子宮口に到達した。
その事実に青ざめる。

思えば、生でセックスするのは初めてだった。ゴムの異物感もなく滑りがいい状態でもこんなに入るのに時間を要している。こんなことは初めてで怖くなった。
彼も察してかそれ以上奥に進めず、角度をつけてGスポット付近を擦るように細かく腰を動かす。

手で声を抑えながら、快感の集まる下腹部に神経を集中させた。勝手に漏れる自分の声にも興奮してくる。

膣がほぐれてきたのを確認して、彼はさっきより深く進んでくる。しかし、未だに力の抜けない私が痛がらないように彼は慎重であった。彼にも気持ちよくなってもらいたいのに、私ばっかり良くなってる気がして「ごめんね、奥まで入れていいよ。」と伝えた。
彼は無言のまま微笑んで、抱きしめて頭を撫でてくれた。それが心地よくてリラックスした時に、やっとお腹の力が抜けた。
それが伝わったのだろうか、彼が腰の角度を変えて奥に進んできた。既に痛みは薄れており、子宮口をグリグリと押すような感覚に快楽で鳥肌が立ち、身を仰け反らせた。

「全部入った?」
「うん。」

私の頬に涙が伝った。
愛する人と繋がっている感動で、涙が出たに違いない。
そう思った。


②へ続く

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 彼に抱き締められながら上がった息を整えた…彼の手が頭を...

  2. wants to b...

    2015/10/01

    バーで少し飲んでからホテルに行った…シャワーを浴びてバ...

  1. 彼の唇から優しさが伝わる…私の胸に顔を埋めて…成田...

  2. 先生は、私を寝かせると、足の方へ回り、膝を広げて間に座った...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/22 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3