愛し合うこと

  • 記事数 39
  • 読者 44
  • 昨日のアクセス数 15

テーマ:家庭 > 夫婦生活

2017/08/02 23:33:15

  • 6

「あぁ……可愛い…かわいいよ、
キレイだ……愛してるよ……」

わたしは自分から
おっぱいを孝之の顔にぐにぐに近づけていた



孝之はおっぱいに顔を埋めるのが好きみたいだ
この瞬間だけはご主人さまの方が甘い声を出す

わたしは決してスタイルは良くないと思うんだけど…

「やわらけー…たまんねぇよ…
おまえはホントに…やべぇエロいカラダだよな……」
と、執拗に愛でる。


おっぱいもだけど

わたしのお尻も大好きでいてくれるご主人さま


わたしはご主人さまにまたがり
挿入をおねがいしてるんだけど

ご主人さまは夢中で思う存分おっぱいを揉みまくり
ピンピンに立ったわたしの乳首に吸い付いている

わたしは孝之の手を取り
お尻の方に促す


胸の谷間にむにむに顔を押し付け
ペロペロ舐めている可愛いご主人さまが


お尻を掴むと
「やべぇ……俺…おまえを支配してイカせたいのに
おまえを苛めるのが好きなのに
おまえのこの乳には…やられる…」

と我に返りw
自分を奮い立たせるように(笑)、
ぐるっと上下を入れ換えられる。


ご主人さまを骨抜きにしたかったのに、、
惜しいw(笑)


大きなビーズクッションの上で
正常位の格好で改めてキスをくれる。


「好きだよ……魔性の乳にやられそうになったけど
今からは俺がイカせてやるから覚悟しろよ?
ずっと俺を感じてろ」



さっきまでキャップで吸われていたクリを
もういちど丁寧に剥いてこんどはしっかり舐めてくれる

「あぁ……美味しい…」


絶妙に舌を使って責めてくれる
コリッコリッ 歯で噛んでくれる

ーあんっそこぉっ……きもちいっ……もっと……


くちゅくちゅ……
バイブを突っ込まれていたところに
指を入れかき回してくれる


孝之の体温が伝わる

温かさ柔らかさ、動き……
どんなオモチャも敵わないよ……


ーもっと…もっと触ってぇ…
孝之しかムリなとこ……してぇ……
イカせて………


「素直に甘えてくれて嬉しいよ…」


さらに激しく指を動かす


ーあぁぁ"…イくっ!イくのっ……!


「いいよ、よくがんばったね いいよ、、っ!」



ー……んんんっー!!…!!!
酸欠のようにアタマがクラっとなる感じ
爪先までビリビリきてる

孝之の指で達してしまう満足感と幸福感
アタマをのけ反り達してしまった

ひくひく太ももが震えている
アタマがふらふらする


「さっき言ったね?ナニが出るって?」


イったばかりなのにコトバ責めと愛撫は続いている


ーはぅっ…ふっ…ふきそうだったの…


「へぇ…?
ガマンしてたの?
おまえが望む気持ちいいコト全部してやるのが
俺の役目なんだけど……」


下腹部をさわさわして少し押さえられる
小さいなりに突起しているクリを触りながら
もういちどキャップをはめられると
また激しい波がやってきて


ーそれっ…!ダメダメだめぇ……でちゃうぅぅ

ちゅ……ちゅぷ………
ご主人さまがキャップをぷにぷに押したり離したりする

この一見しょぼそうな小さい小さい赤いゴム……
シンプルだけど、わたしはご主人さまに使われる道具の中で、実は最強なんじゃないかとおもう………


鬼のようなご主人さま
何度もこのキャップでクリを苛める

ダラダラ愛液が垂れてお尻の穴の方に垂れたのがわかった


キャップを弄びながら下腹部を押し

お漏らしもさせてみたいな…なんて悪魔の囁きが聞こえた


次にきゅーーーっとクリが吸い上げられたとき、
またイってしまった


「入れてあげるね?」
ご主人さまが言っているけど

ーあっあ、はひっ……

まともに返事ができず


「あれ?あんなに欲しがってたのにもういいの?
今日のセックス……まだいちども挿入してないぞ?」



そうだった…
1度イカされたアタマではもうナニがどうなってるかわからなくなる……


ご主人さまはまたわたしの首を押さえて
「ぉら………欲しがらないなら……
もっと求めさせてやる……」
そう言うと

馬乗りになっておちんちんをおっぱいのあいだに
置いて擦りつけてきた
わたしのアゴにおちんちんの先がコツンとあたる


そして口の中にねじ込まれ
腰を動かす

途中なんどか息ができなかったけど
じゅぽじゅぽ動かされた


そして
わたしの身体をくるりと裏向け
わたしはビーズクッションに抱きつく体勢になると



ぺち…ぺち…
こんどはお尻を愛でてくれるご主人さま


お尻にも顔を近づけ、クンクン動物みたいに匂いを嗅ぎ
お尻全体へのキス、アナルの回りまで執拗なペロペロ、
そして歯形がつくほど噛みついたりする。

その全部が気持ちよく感じ、よがってしまう

キャップのせいか
イカされたせいか
感度は抜群だ……



「お尻叩かれて喜んでるの?」


ーはい…きもちぃー…


わたしはメス犬のようにぐっと腰をあげ
ー挿れてください……いれて………


もう限界を超えていた気がする
いつも一番肝心な挿入部分の記憶が曖昧になる

お尻の割れ目にもおちんちんを沿わせてこすこすする。
ぱちんっ、、ぱちんっ!!
叩く力が強くなったとき

やっと、やっと入れて貰えた。



ーあ゛ぁぁあぁ、あっー!
四つん這いで後ろからパンパン音がなるほど突かれる
ずっと落ちないクリキャップが恨めしい

ご主人さまのピストンに合わせてぷらぷら動く

ーひっ、ひぃーー!ひっ、イクっ…!いくーー!!!


お尻をどれぐらい愛でられ
どれぐらい叩かれたか覚えていない

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. うぃんうぃん うぃん………わたしの中でくねくね動くバイブ...

  2. 怒られた

    2015/03/22

    トイレの個室で正面の壁に手をつくように指示された壁に...

  1. 年越し…2

    2016/01/03

    ベッドに入るなりわたしに覆い被さって身体中にキスをして...

  2. 溢れてくるわたしの蜜をそっと吸い上げるご主人さまくち...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3