止められなかった想い

ずっと忘れられなかった人と再会…儚い日々が終わるまで綴ります

  • 記事数 148
  • 読者 92
  • 昨日のアクセス数 64

余韻と心の整理

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2017/08/02 15:25:58

  • 12
  • 0

東京から帰って来て3日。

まるであれが夢だったかのように、通常の夏休みが過ぎていて。

朝から子供たちのお弁当を作り、

小学校のプール当番をして

夜は家族で食事。

洗濯して、アイロンかけて、子供とお風呂入って

家族の団欒を楽しみ。



でもふとした瞬間

朝抱かれた後、

「もう少し眠ってもいい?」と、

彼が私の腕枕で眠り

裸で抱きしめ合いながら過ごしたあの朝の幸せなひととき思い出し



好きな人が、自分の胸で眠っている、非現実を

決して忘れたくなくて、反芻している自分がいる。


一夜を共にしたことは、確実に二人の距離を縮めた。


私の心のバランスも、確実に崩した。


よし、戻すぞ。気持ち持ってかれないって、決めたんだから。


私は私。彼は彼。私には、私の生活。

これを唱え続けるしかない。




彼は私にこう言った。

「俺は、ゆうなちゃんを顔や体で好きになったんじゃないよ。

・・・あ、顔も好きだけど(笑)でも俺は、

ゆうなちゃんの心、人間性が好きなんだよ。」


この言葉は、私に勇気をくれた。


私は、ちゃんと自立して、私として、しっかりと地に足をつけて生きたい。

彼が居ても、居なくても。


彼とこうなる前の私、

彼と数か月に1度しか会ってなかった頃の私


もっと、自分の世界を楽しんでいた。


仕事にやりがいを感じ、友達との絆を深め

家族・子供たちの時間を何より大切にして

「ゆうなちゃんはリア充だよね~」と人から言われるほどに。



そんな私が恋愛にすべて持ってかれてるなんて悲しすぎる。



彼とのことは、割り切る。

好きだからこそ、割り切らなきゃ一緒には居られない。


いつまでもブレブレの不安定な心だけど



気持ちの整理をすることはとても大切。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 夕方、高橋くんが帰ってから…私はお笑い番組なんかを楽しんで居...

  2. 私達は、家族の様にテレビの前でゴロゴロして一晩過ごした。...

  1. 2017/02/23

    親友のお通夜の日親友の家族は式は身内とかだけでこじ...

  2. 人には付き合い方があるおさむくんは友達がいないおさむく...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/22 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3