ブログランキング41

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2319
  • 読者 563
  • 昨日のアクセス数 6125

脇からの…《262》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/08/01 20:41:19

  • 38
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





カオルはタクミをベッドへ押し倒し、はだけた
胸元に顔をうずめる。

汗をかいた肌はべたつき、むせかえるような
男の匂いがした。


「あ…そんなに……舐めないで……」

「こんなに美味いのにか?」

「ボク、いっぱい汗かいたし……」

「それがたまらないんだ」


もう片方の肩も脱がせ、上半身がさらけ
出される。指でツンと勃った胸をいじり
ながら、もう片方の手でタクミの手首を
掴んだ。

その手をタクミの頭上に押さえつけ、
脇を舐める。


「ちょっ………くくっ……くすぐったい」

「タクミ、毛がない」

「やっ……そんなことより……ふはは…」

「処理してんのか?」


前にも誰かに聞かれた覚えがある。


「うん」

「男がね……ふふふ」

「ダメ?」

「いや、そそられる。つるつるのタクミ」


脇をベロベロ舐め始め、タクミはもんどり
うってこそばゆさを耐える。


「もう……やーめーてー……ひゃぁ~~」

「左の脇を舐められたら、右の脇を差し出せ」

「それ、どこの教えですか?」

「さ~てな」


ついには両方の腕を抑えつけられ、腰に
馬乗りになられ、もう逃げ場がない。


「やだぁ~~、脇はだめぇ~」

「フッ」


カオルはタクミの訴えを無視して、反対の
脇に舌を這わせた。


「ぷはっ……やややややややややぁ」


足をバタバタさせるが、抵抗にすらなら
なくて、逆にカオルをあおるばかりだった。


「暴れるお前を抑えつけて、犯すのも
興奮するな」

「ちょっと……それ、ヤバいやつですよ」

「縛っていいか?」


タクミは驚愕の表情でカオルを見る。


「痛いのは嫌」

「痛い事はしない………」

「ホント?」

「たぶん」


カオルの黒い微笑みに恐怖を感じるが、
嫌ではなく、なすがままだった。





同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       徐々にタ...

  2. ………277シンはガッツリとタクミに跨がる。「...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       部屋に戻...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3