ブログランキング47

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2248
  • 読者 548
  • 昨日のアクセス数 5379

妄想暴走《261》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/07/31 20:24:31

  • 62
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





マンションに戻ったタクミは所在
なくソファに座っていた。


「朝まで……」


顔がカッと熱くなる。


「カオルさんと……」


股間も熱くなる。


「一晩中、カオルさんに動いて貰うのも
悪いよな……」


蕾も熱くなる。


「ボ、ボクが上になったり……」


浴衣の前が完全に盛り上がる。


どのくらい妄想していたのか、リビングの
ドアが急に開いた。


「うわっ、お、おかえりなさい」

「ただいま。待たせたな」

「い、いえ、そんなに待ってませんよ」


どう見ても挙動不審。
カオルはタクミの全身に視線を素早く
走らせ、プッと笑う。


「タクミ、そんなに期待されると
頑張らざるおえないじゃないか」

「き、期待?」

「そう、期待してるよ」


股間を指差す。


「あっ、こ、こ、これは……」


両手で隠すが時すでに遅し。


「おいで、ご期待に添えるよう、全力で
お前を愛してやる」


フラッと立ち上がりカオルの手を掴むと
胸に抱き締められた。


「タクミ……」

「宜しくお願いします」

「ふふっ」


2人はカオルの部屋へ向かった。



タクミをベッドに座らせ、カオルも
向かい合わせに座る。

カオルの手がタクミの浴衣の襟に
かかり、あわせを広げる。

更に帯から襟を引き上げ、片方の
肩をさらけ出した。


「思った通り、エロっ」

「恥ずかしーいよー」


露になった肩に吸い付き、赤く痕を
付ける。


「んっ」


唇は鎖骨を通って喉を這い上がった。
顎の下を舐め、骨に沿って這い舌が耳へ
たどり着く。


「あんっ」


カオルの声が耳に直接流れ込む。


「好きだ、お前を手離すことなんて、
もう出来ない。頼む、一生、俺の
傍にいてくれ」


甘く切ない言葉に、タクミはコクンと
頷いた。






○(´;ω;`)ブワー

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       拭いきれ...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       「カオル...

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       翌朝...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       カオルの...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3