ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2958
  • 読者 710
  • 昨日のアクセス数 22996

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/04 13:04:14

  • 74
  • 0

「……」

「……」

「……」

正月早々…集まった。

あたしと、沙也伽と、ノンくん。

ビートランドは年中無休。

一応年末年始の挨拶はあるけど…淡泊な物だ。


あたし達三人は、プライベートルームで…

長い沈黙と、重たすぎる現実に押し潰されそうになっていた。


「…紅美。」

沈黙を破ったのは、ノンくんだった。

「…ん?」

「沙都について、アメリカに行く気は?」

「ノンくん!!何言ってんの!?解散するつもりなの!?」

沙也伽が泣き腫らした顔で言った。

「…二人は付き合ってんだ。結婚とか幸せとか、そういうワードが出てくるなら、バンドは二の次だろ。」

ノンくんの言葉に、沙也伽は反論できず。

あたしを見て、口をパクパクさせた。


「…あたしは…沙都のいないDANGERなんて…って思う…」

正直に言った。

「紅美…」

沙也伽は首を振りながら。

「あたし…やだよ…解散なんて…」

そう言って、泣き始めた。

「…どうしても、脱退しなきゃいけないの?沙都、ソロをやりながらバンドもって方法はないのかな…」

あたしが指を玩びながら言うと。

「…無理だな。グレイスが進めてるプロジェクトは、世界進出らしいから。」

ノンくんは吐き捨てるように言った。

「…世界進出?」

「ああ。アメリカデビューどころの話じゃない。世界発信さ。沙都が夢見たって…仕方ないよな。」

「……」


沙都の歌が、それだけ買われた…って言うのは。

すごく、嬉しい事だ。


「…なんかさ…」

あたしは、首を傾げて言う。

「そんなにすごい事…本当なら、みんなで万歳して喜ぶべきだよね。」

つい…口元がほころんだ。

沙都、すごいよ。

ほんと…すごいよ。


「…そうだな。あいつ、世界に通用するって認められたんだからな…」

ノンくんは、ほんのり笑いながら言った。

だけど…

「なのに…DANGERのメンバーだからって事で…お義父さんに殴られたり勘当されたり…か…ちょっとかわいそうだよね…でも…」

沙也伽は…そう言いながらも、涙が止まらない。

「でも…あたし…やだよ…解散なんて…」

「沙也伽。解散なんてしないよ。」

「だって…かけもちなんてできないでしょ…?それに、紅美だって…」

「…沙都と、もっとちゃんと話すから。」

あたしは沙也伽の背中に手を当ててそう言ったけど。

「…でも、そう時間はないぜ。」

ノンくんが溜息まじりに言った。

「え?」

「あいつ、たぶん…今週中には向こうに行くと思う。」

「えっ?今週中…?」

そんなに…そんなに急に?

「本当なら、帰国もさせたくないぐらいだったからな…グレイスのプロジェクトは、こうしてる間にも進み続けてる。」

「……」

「…紅美、沙都に…ついてくの…?」

沙也伽は、そう言ってあたしの手を握った。

「本当なら、おめでとうって…行きなよ…って…言ってあげるのが…親友なんだよね…?ごめん…紅美…あたし…」

「沙也伽、いいんだよ…」

あたしは沙也伽の肩を抱き寄せる。


…沙都。

あたし達…

どうすればいいんだろうね。

どうしたら…

一緒に居られるのかな…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「あー…行っちゃったね。」空港で…みんなで沙都を見送った...

  2. 21st 37

    06/21

    「アメリカ?」あたしは、間抜けな声。先月華月ちゃんが...

  1. 35th 18

    07/25

    もうじき春。相変わらずグレイスはいい顔をしないけど、あた...

  2. 36th

    08/05

    『ストーップ。』ノンくんの大声で、音が止まった。DA...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3