ブログランキング17

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3364
  • 読者 727
  • 昨日のアクセス数 10443

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/03 16:21:15

  • 76
  • 0

「俺を甘く見るなよ。紅美を悲しませる奴は許さない。」

海の言葉に、部屋の中は静まり返ったが…

俺はつい…


「…ふ…ふはははははは!!」

笑ってしまった。


ついこの間まで。

自分の気持ちを押し殺してた奴が。

紅美に目を付けてたとか。

保健室で寝てる紅美にキスしたとか。

笑えるぜ!!海!!

ここに来てのカミングアウト!!


パーティーの途中。

いい雰囲気で紅美の腰を抱き寄せて、バルコニーに出た沙都。

だが、やがて二人は対照的な表情で戻って来た。

まずは紅美が。

変なテンションの高さで。

そして沙都が。

どう見ても失敗した。って顔をしてた。


ま、沙都が何か言ったのか言わなかったのか…

それで紅美は、へこんでおかしなテンションになってた、と。


「キ…キリ?」

「いやー…海、おまえかっけーわ。」

ベッドの上から、海にグラスを上げる。

「けど、おまえも散々紅美を泣かせただろーが。」

枕を投げる。

すると海はその枕を投げ返して。

「ああ、そうだな。泣かせたからこそ、棚に上げて言わせてもらう。」

ほお…

気持ちいいほどの開き直りっぷりだ。

見事だぞ。海。


「あたしさ。」

突然、床に座ってた紅美が立ちあがった。

「……」

「……」

「……」

「……」

「……」

みんなが、紅美を見る。

すると…

「あたし…」

紅美は少し下唇を突きだして。

「あたし、みんなが好き。」

カクッ。

つい、ベッドの上で肩をずらす。

「みんなが好き。だーい好き。同じぐらい好き。誰が特別とかない。」

…そう言いながら、紅美の口元は…今にも泣きそうに震えている。

「…まいったな…あたし、気が多くて…」

「紅美。」

座ったままの沙也伽が、紅美の手を取る。

「いーのいーの。みんなを好きなままでいーの。」

沙也伽がそう言って紅美の手を引っ張ると、紅美はゆっくりと…座った。

「…悪かった。大人げないな。」

海がそう言って頭を下げると。

「ううん。先生のカミングアウト、衝撃的で面白かった。もっと何か打ち明けてよ。」

沙也伽は真顔で言った。

「もっと?」

「うん。」

海と沙也伽は…何か目で訴え合ってるかのようで。

それは…

「そーだなー…紅美が二回目の三年の時に…」

「ちょちょちょっとぉ!!海くん!!何告白してんのーっ!!」

紅美がすごい勢いで手元にあったスナック菓子の袋を投げた。

「ははっ。沙也伽のリクエストに」

「応えなくていいー!!」

「でも今となってはだし、いいだろ?温泉の…」

「わー!!もうバカー!!」

紅美は走って海の座ってるソファーに行くと。

「ぐわっ!!」

有段者のはずの海の首に手を掛けて、向こうの部屋のベッドの上に投げ飛ばしたかと思うと。

「アレはダメ!!アレ言ったら、海くんのアレ言うよ!?」

そう言いながら…

プロレス技をかけた。

「ア…アレって何だよ…っ…あててててて!!」

「あ…アレはアレだよ…」

「何…」

耳元で、コソコソと囁き合う二人…

「…あ、それは言ってもいい。」

「えっ!!大問題じゃなかったの!?」

「別に、今となってはだし。それに、それ言ったらおまえが…」

「はっ…やっぱダメ!!何も言わないから海くんもリクエストに応えないでー!!」

「あいててててて!!分かった!!言わない!!あーーー!!やめろ!!紅美!!」


……その光景は…

もめてもめて別れた二人とは思えないぐらいで。

俺としては、微笑ましかったが。

約一名。

かなり…憤慨してる奴がいた。


…沙都。

おまえ…

紅美に、あの事話したのか…?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    43分前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18307 / 読者数 4118

  2. 2

  1. 3

    When love ...

    7時間前

    リノ

    記事数 712 / 読者数 1491

  2. 4

    YOU.

    1日前

    優奈

    記事数 469 / 読者数 591

関連するブログ記事

  1. 35th 90

    07/31

    「紅美ちゃん、ちょっと来て。」沙都に腕を取られて、あたし...

  2. 「どこにいるのかと思ったら…」俺が部屋にいると、ノックも...

  1. 36th 16

    08/06

    「……」庭のベンチに座って、泣いて火照った頬を夜風で冷や...

  2. 「あー…行っちゃったね。」空港で…みんなで沙都を見送った...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/13 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3