エルマさんのブログ

  • 記事数 8
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 1

徒然でもございません②

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/31 13:42:07

  • 0
  • 0

880円もした、蜘蛛撃退スプレーは結局使えなかった。蜘蛛にも察知能力とかあるのかな?いや、もっと優良物件が見つかったのか?

 ―また、1人でサービス残業ですか?

 定時を過ぎて、一部営業と現場職員が数名行き来する事務所に、スーツ姿の吉田さんが段ボールを抱えて戻ってきた。

 ―お帰り。吉田さんも課長のお伴で大変だったね。

 吉田さんはももちゃんと同期で本社勤務だったが、結婚と出産後にうちの支店へ移動となった。元本社営業のキャリア候補だったことも有り、総務でありながら営業部長の補佐として外回りが多い。ハッキリ物を言うし、仕事も速い。私は嫌いでは無いんだが…吉田さん的には…

 ―そんな風に、大先輩のあなたが雑用でも何でも引き受けるから、下の子たちが育たないんですよ。面倒な事は先輩に押し付けてチマチマと簡単な仕事ばっかりやっては、今日も頑張った風にしていて、私はイライラしますけどね。

 いつも以上に当たりが厳しいな。大先輩って、まぁ、そうなんだけど。

 ―部長と何かあったの?予定より戻りが遅かったみたいだし。

 おやっ?図星で地雷だったのか?

 ―明日。
 
 怖い顔で、口ごもった。どうしたんだ???明日?あぁ…

 ―明日、来るらしいね。私も今日聞いた。そしてこれは、明日の資料様たちでございますよ。

 吉田さんが本社の営業を移動になったのは、産後休暇明けから2カ月もしない時だった。小さなプロジェクトだったが、吉田さんは営業担当責任者を任されていて、復帰後の初仕事として張り切っていた。そのプロジェクトの企画立ち上げからのプロジェクトリーダーが、明日やってくる。

 ―私の耳に入らないように、彼が来ることは伏せられていたんでしょうか。

 なんだ?いきなりネガティブというか腐り気味だなぁ。

 ―じゃー、本社のイケメン敏腕社員が来るから、手を出さないように私にも伏せられてたのかしらね?同期なのに、総務の大先輩に君臨して、結婚も子供もいないからフル出勤でサービス残業もしちゃう仕事だけばばあの餌食になったら大変だから?

 あっ、自分で言ってて泣きそうになる。ばばあは余計だったよ自分!!

 ―なんですか、それ?励ましてるんですか?ただの自虐ですか?

 ―励ましてやったんだよ!お礼に、書類綴じるの手伝いな。

 吉田さんは、ちょっとだけ口元を緩めると、黙ってデスクからステープラーを出して綴じ始めた。一応、私の熱弁は役に立ったのかね。

 ―百瀬さんはどうしたんですか?

 百瀬さんは、ももちゃんの事。

 ―お手入れに行ったよ。お試しクーポン握り締めて、スキップしそうな足取りでね。

 ― ・・・・。

 吉田さんの気持ちは解る。でも、そこはももちゃんらしいから、怒んないであげて。

 吉田さんのお陰で、仕事も早々に片付いてしまった。
 明日が来るのが憂鬱だ。部長たちが吉田さんや私たち女子社員に言わなかったのは、ただ単にサプライズだと思う。すこぶる空気が読めてない奴だ。

 あぁ、蜘蛛はやられる前に蜘蛛隠れしたんだな!?あれ?雲隠れか?・・・・。(*´Д`)はぁ。   
                         つづく

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ユッキーが引っ越して程なく私の会社の入社式が行われた。親も...

  2. 仕事を覚えると楽しくなり、少しでも先輩方の役にたてていると。...

  1. 昨日から事務所の隅にいる小さな蜘蛛。何をチマチマとお住まいの...

  2. お言葉に甘えて、、書かせていただきます。┏○))ペコ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3