終わらなき恋

誰かに聞いて欲しいのに誰にも話す事が出来ない過去がある… 恋に恋をする私の物語。

  • 記事数 246
  • 読者 83
  • 昨日のアクセス数 51

濡れていく

しおりをはさむ

2017/07/31 01:36:53

  • 6
  • 0

けんじの指がわたしの体をなぞった。


くすぐたがりのは私はビクンっと体を仰け反らせた。


それに気付いたけんじは何度も私の体をなぞった。


ブラのホックにけんじの手が行くと、意図も簡単に外されてしまい驚いた。


キスは続いたまま、けんじはその手で胸の周辺をなぞった。


体がピクンっピクンっと飛び跳ねた。


その手がようやく私の胸を包み込んだ。


けんじの手のひらは大きくて、私の小さな胸はすっぽりと収まってしまった。


小さくて恥ずかしいというと、そんな事ないといい私の乳首を摘んで舌で転がした。


まだ下を触られた訳でもないのに


あぁっ…!


と声がもれてしまった…


元々濡れにくい体質なのに、自分のあそこが濡れていくのが分かった。


けんじがもっと聞かせてと耳元で囁いた。


けんじの吐息がこそばゆくて全身が性感帯のようで、また声がもれた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. Haruka

    2015/07/01

    唇を重ねながら、麻子が来ているパーカーのジップを下ろした...

  2. 首からだんだんと下に降りてきたトモくんの唇。片方の胸は揉...

  1. ボートネックの襟は肩で引っ掛かっている胸をもてあそ...

  2. あたしの体はずっと疼いたままでもその時がくれば最高の快...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3