終わらなき恋

誰かに聞いて欲しいのに誰にも話す事が出来ない過去がある… 恋に恋をする私の物語。

  • 記事数 254
  • 読者 80
  • 昨日のアクセス数 35

濡れていく

しおりをはさむ

2017/07/31 01:36:53

  • 6
  • 0

けんじの指がわたしの体をなぞった。


くすぐたがりのは私はビクンっと体を仰け反らせた。


それに気付いたけんじは何度も私の体をなぞった。


ブラのホックにけんじの手が行くと、意図も簡単に外されてしまい驚いた。


キスは続いたまま、けんじはその手で胸の周辺をなぞった。


体がピクンっピクンっと飛び跳ねた。


その手がようやく私の胸を包み込んだ。


けんじの手のひらは大きくて、私の小さな胸はすっぽりと収まってしまった。


小さくて恥ずかしいというと、そんな事ないといい私の乳首を摘んで舌で転がした。


まだ下を触られた訳でもないのに


あぁっ…!


と声がもれてしまった…


元々濡れにくい体質なのに、自分のあそこが濡れていくのが分かった。


けんじがもっと聞かせてと耳元で囁いた。


けんじの吐息がこそばゆくて全身が性感帯のようで、また声がもれた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ボートネックの襟は肩で引っ掛かっている胸をもてあそ...

  2. 優しく私の胸を触っていた手が服の下に入って色気もへったくれも...

  1. 服の上から触っても抵抗しないと解るとシャツの下から手を入...

  2. ゆっくり寝かされて、キスしながら亮介は、器用にブラウスのボタ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/19 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3