ブログランキング90

paradox

好きな人はサイコパス ☆フィクションです☆完結しました! 番外編をゆるく書いてます。

  • 記事数 726
  • 読者 784
  • 昨日のアクセス数 2333

番外編・人間らしく

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/30 10:44:15

  • 107
  • 18

柳さんと舜が全然帰って来ない。

わざと?

わざとなの?


『お……遅いですね!ふたり。』


『そ、そうだね!
こっからコンビニまでそんな遠く無いんだけど』


急に話しかけたから銀次さんはちょっとびっくりしてた。


銀次さんはちょっとずつ、空いたお皿をまとめてる


『あ、私が……』

『いや、本当。大丈夫だから。座ってて。』


警戒されてる。
情けない……



『あのさ、ナナちゃんてちょっとどんくさいよね。』

『はい……』


お酒が入ってるからか
銀次さんがいつもよりハッキリ言った。





『バイトの時とか大丈夫なの?』

『あー、緊張しなきゃ大丈夫なんです。
最初の頃はよくやらかしてましたけど……』

『緊張か…』



あ、なんか銀次さんに緊張してます的な感じになっちゃったかも。



『聞いていい?』

『なんでも!』

『ナナちゃんてお嬢様なんだよね?
なんで高校生の頃からバイトやってたの?
その頃は実家に居たんでしょ?』

『それは…………』






本当の事を言ったら気持ち悪いと思われるよね。





『社会勉強のために……』


ひねり出した答えがこれ。








『社会勉強……か。なんか、ナナちゃんらしいね。』




銀次さんは優しく笑ってくれた。
けど、どこか寂しそうにも見えた。



『俺もさ、昔ちょっとだけファミレスでバイトしたことあるんだ。結構しんどいよね~』

『はい…ランチの時とか。戦争です!』

『そうそう。クレームも多いし。
結局半年も続かなかったよ。根性ないからさ、俺。』



『あー、でも相性とかありますよね!』


『相性か…………ナナちゃん、優しいね。』



銀次さんが新しいグラスにお茶をついでくれて
隣に座った。


なんか……近い…気がする。
自然と体の右側が熱い。







『俺とナナちゃん、相性良くないと思う。』



『えっ?』


予想外の言葉に思わず声が大きくなった。



『ナナちゃんの事は好きだけど
価値観が違い過ぎると思う。』


『価値観?』


『俺はナナちゃんが思ってるより悪い事も色々したし、自慢出来る事も無いんだ。』


『悪い事?』



『俺、前科あるし。』

『………でも!それは…………』

『え?』





まずい………


『あっいえ。………でもそれは昔の事ですよね?』

『そうだけど。
でも、これからもっと悪い事すると思う。』


『悪い事?』






『俺、紅子さん刺した奴、絶対許さない。』


さっきまでの優しい雰囲気が消えた。



『社長も善さんも止めたけど。
俺、ひとりだけでも刺した奴にお返ししてやらないと気がすまない。
そんで、多分また逮捕されるんだと思う』







やっぱり、変わらないね。昔から。
自分の事より他人の事を優先しちゃう所。







『ドン引きした?』

『ひとりでなんて…無茶だよ。』

『ごめんね。次はもっと真っ当な男探しな?』




『そんなの……居ないよ……私は銀次さんがいい。』

『余裕で居るって!大丈夫だよ。ナナちゃんなら。』



そう言って笑うと、静かに立ち上がった。



『俺、煙草買いに行ってくるから。
舜達帰って来たら一緒に帰りな?気を付けてね。』




『銀次さん!………私、迷惑でしたか……?』



銀次さんは背中を向けたまま、うつむいた。




『正直、迷惑だったかも。』



誤魔化さないで言ってくれた。



『ナナちゃんと会ってから、俺は今まで使わなかった頭を使う羽目になったし
ナナちゃんの事ばっかり考えてて尾行巻かれるし。
自分の今までを後悔するようになった。


でもさ今思えば
これが本当の人間らしい恋愛って奴なのかもね?』







『だから会わなきゃ良かったって思った事は
一度もなかったよ。』


『どうしても、行くの?』


『今までありがとね。』


ドアが閉まった。


最後まで銀次さんは振り向かなかった。









さっきまで四人で騒いでいた空間に取り残されて
ひとり泣いた……………………なんて


そんな暇はない。
ひとりでなんて行かせない。


私は携帯を取り出して
かけることはないと思ってた番号にかけた。


死体になった銀次さんを手に入れたって意味ないし。





『もしもし?ちょっとお願いがあるんだけど。』



電話の向こうでリュウは少し驚いていた。

同じテーマの記事

コメント18

しおりをはさむ

  1. しのさん(28歳)ID:6578109・07/30

    マコトさん
    (pq゚∀゚*○)←おおおって打つとこれが出る

  2. しのさん(28歳)ID:6578107・07/30

    ミライさん
    ナナちゃんの正体はもちょっと引っ張ろうと思ったんですけど(;´∀`)
    皆さん鋭いから早めに明かしました(^o^;)

  3. しのさん(28歳)ID:6578106・07/30

    ヒロさん
    ありがとうございます(*´ω`*)

もっと見る

関連するブログ記事

  1. どこにいったんだろう・・・・ストーカーかって自分・・・・...

  2. 「じゃあ、青木さん。お疲れ様です」「……一人で大丈夫?」...

  1. 学食

    03/27

    噂をすれば、殿森が知らない女と腕を組みながら学食に入ってき...

    paradox

    • 85
    • 0
  2. 初めての一人暮らし。最初は節約しようと夜遊びも控えた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3