ブログランキング11

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 1745
  • 読者 584
  • 昨日のアクセス数 28153

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/31 22:15:42

  • 75
  • 0

「沙都、平気だってば。」

「平気じゃないよ。」

あたしは沙都の腕の中で少し暴れた。

だって…

立ちくらみなんて、本当に少しだったのに。

マイクスタンドに寄りかかろうとして、ちょっと足がもつれただけなのに。


沙都はあたしを抱えて医務室に。

誰もいなかったけど、沙都は迷いもせずあたしをベッドに降ろして。

「紅美ちゃん。」

あたしの顔の横に…手を置いて…あたしを見つめた。

「…何。」

「平気平気言わないで。」

「…だって」

「だってじゃないよ。本当は辛い事がいっぱいあって、体も心もボロボロになりながらここまで来て…」

「……」

「気を抜いたら倒れるって…自分で言い聞かせてたでしょ。」

「沙都…」

「もう…そんな時期は乗り越えたのかもしれないけどさ…僕、いつだって紅美ちゃんのそばにいて、紅美ちゃんの事支えたいって思ってるんだよ?」

「……」

「頼むから…甘えてよ…」

沙都はそう言って…

ゆっくりと、あたしの上に上半身を乗せた。

…懐かしい、沙都の香り。

沙都…なんで?

こんなの、反則だよ…


今は、全然辛くなんかない。

海くんとの事も…もう乗り越えられた。

ばあちゃんが帰国した時に会って以来…

もう、海くんには会ってないけど。

ノンくんと沙都が一緒にいるなら…海くんは大丈夫って思う。

それに、あたしも…。


「沙都…ありがと。」

「……」

「でも、本当…今は大丈夫なの。とにかく…来週のライヴに向けて、全力でやるしかないって思ってるぐらいで…」

沙都はゆっくりと体を起こすと。

「…紅美ちゃん。」

あたしの頬に触れた。

「…ん?」

「…何も心配ないよ。」

「……」

「僕、紅美ちゃんが安心して…楽しく歌えるように、ずっと頑張ってきたから。」

可愛い笑顔。

沙都…

本当…あんたって、あたしの癒しだ…

「僕は、僕のやり方で…紅美ちゃんを想い続けるし、大事にするよ。」

沙都はそう言うと、唇を近付けて…

…額にキスをした。


…あたし…今…

当然のように、唇に来ると思ってしまった。

もう、沙都とは何年も…寝てないし、そういう関係じゃなくなってるのに。

すごく自然に…受け入れようとしてた。

…何なの。

あたし…

何なのよ。


「…ごめん。付け込むとこだった。」

沙都が苦笑いする。

「なんで謝るの…」

あたしがそう言うと。

「…フェアでいたいからね…」

沙都はそう言って。

「だけど…やっぱり僕はズルい。」

一瞬…

あたしの唇に、キスをした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 21st 67

    06/21

    「…えらいこと聞いちゃったな。」ノンくんが、口に手をあて...

  2. 21st 75

    06/21

    「…沙都?」朝子ちゃんとのバトル?を終えてアパートに帰る...

  1. 33rd 52

    07/15

    「う…うわあ…なんか…足が震えて来た…」あたしが猫背にな...

  2. 35th 90

    07/31

    「紅美ちゃん、ちょっと来て。」沙都に腕を取られて、あたし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/21 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3