ブログランキング4

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 1811
  • 読者 602
  • 昨日のアクセス数 36012

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/31 20:20:25

  • 81
  • 0

昨日、わっちゃんと夕夏とで渡米。

今日は施設にいる祖父母を見舞った。

以前は言葉も発せられなかった祖父が、夕夏に会って泣いて喜んでくれて…

あたしも泣けた…。

おじいちゃん。

また、話が出来る日が来るなんて…思いもよらなかったから。

夕夏を祖父母に預けて、紅美たちのいるスタジオに来た。

何となく…

その後の紅美が気になったのもある。


父さんの話では…

最近の兄貴はすごく変わった。と。

それは…どういう風に?って聞くと。

「会って来いよ。面白いから。」

…何が面白いんだろう。


本部に寄ろうと思ったけど、電話をしたら兄貴は現場で。

終わったら連絡が来ることになっている。


「明後日には帰るの?残念。」

紅美が唇を尖らせた。

来週、こっちでライヴがあるらしい。

見れたら良かったんだけど…

何しろ、今回の渡米は…

わっちゃんが単身赴任するかどうかの見極めのため。

とうとう、こっちの病院からお声がかかってしまった。

三年契約。

うーん…

この女好きを三年も一人にさせていいもんだろうか…


「んじゃ、ちょっと聴いて帰りますか?」

「いいのか?」

「いいっすよ。ただ、普段聴かないレベルの音量だと思うんで、耳に自信がないならティッシュでも詰めて…」

「年寄り扱いするな。」

「ははっ。そういうつもりでもないんすけどね。」

…ハンサム君、わっちゃんには敬語なんだな…

でも、あたしとは目も合わさないってどうよ。

そこがちょっと気に入らないけど…

まあ、あの夜の事を思うと、あまりあたしの印象は良くないんだろうからね…

でも…紅美…

元気そうだわ。

良かった。


あたしとわっちゃんは、並んで座ってDANGERを見る事になった。

実は…あたしはバンドを生で見るって…初めて。

陸兄のライヴ映像をDVDで見たりする事はあったけど、やっぱ…生って違うんだろうな。

『じゃ、二人のために、ライヴ並みのパフォーマンスで。』

紅美がそう言うと、沙也伽ちゃんがカウントを取って…

「……」

「……」

あたしとわっちゃん…

肩が震えた。

ついでに…瞬きも忘れた。

何これ。

か…

かっこいい…!!

沙都と紅美とハンサム君が、弾き始めと同時に頭を深く沈めて…

身体を大きく揺らす。

沙也伽ちゃんだって…

小さいのに…

何、この力強い音…

え…えー…えーーーっ!?

あたしの知ってる四人じゃないよーっ!!


そして、紅美が歌い始めて…

続けて、ハンサム君の声がそれに絡んできた。

…ゴクン。

ちょっと…生唾飲んじゃった…

何なの…何なの、この二人…


あたしには…

歌を聴くって習慣がなかった。

結婚相手がわっちゃんで。

一般人で。

だから、夕夏がお腹に居る時、わっちゃんが。

「いい音楽を聴かせよう。」

って、クラッシックを流した時…

は?って思った。

二階堂の生活にあるのは、生活音ぐらい。

だから、最初は…クラッシックも耳障りで仕方がなかった。


うわ…あー…

何だろう…

これ。

変な言い方だけど…


紅美。


あんた、ハンサム君に…

めちゃくちゃ愛されてるよ。

これ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 35th 99

    07/31

    オフ明け、初のスタジオ入り。朝、沙都から電話があって。...

  2. 21st 65

    06/21

    「ストーップ。」「……」ちさ兄が、譜面をテーブルに置...

  1. 35th 4

    07/23

    それは…すごく…すごく、辛い一日になった。「クミ、ちょっ...

  2. 33rd 53

    07/15

    『BEAT-LAND Live alive』 eve朝霧...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3