アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 399
  • 読者 16
  • 昨日のアクセス数 547

テーマ:小説 > 官能小説

2017/07/28 22:00:37

  • 2
  • 0

「先生、何か物足りない様子ですがどうしましたか?」
「夕食は美味しかった。でも、それでは足りない。
マリ、2人きりで楽しいことをしましょう」
マリは分からないながらも頷いた。
部屋に戻った。
鍵を開けてみたら浴衣が用意されてあった。
「マリ、ここには個室の露天風呂があるのですよ」
「一緒に入りましょう」
「え?ちょっと待って下さい。心の準備が」
「心の準備待ちますよ。僕は貴女と一緒に入りたいです」
(ええ、どうしよう。びっくりだよ)
「分かりました。じゃあ先に私がお風呂に入ります」
「時間差で来て下さい。着替えの部分は見ないで下さい」
「分かった。先にどうぞ」
私はどきどきがばれないように静かに入った。
先にお風呂に入ってリラックスしていたら
後ろから戸が開く音がした。
先生が背後からマリの耳を甘噛みした。
「マリ、かなり緊張しているね」
私の心臓の鼓動が早くなる。
「今気持ちよくしてあげる。ここはどうかな?」
先生が意地悪く言う。
先生の手が下へいく。優しく弄る。
「や、だめっ」
言葉では拒絶するけど気持ちよくてたまらない。
先生がマリを正面に向かせてキスした。
「あ、は、あ」なんとか呼吸する。
やがて先生はマリの鎖骨部分を舌でなぞった。
「マリ、可愛いよ。僕の愛撫にこんな反応して」
先生はマリの乳首も舐めた。
「あ、だめぇ」
「素直じゃないね。続きは風呂上がりにしよう」
この日、何度もイった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私は先生と一緒に旅行に行った。小さな旅館。露天風呂がいい...

  2. 「 お風呂? 」淳哉先生がお知らせ音に反応した。...

  1. 169.

    02/13

    海老名さんは、猫を飼っていた。本当は彼女の猫だったけど、遠...

  2. マリさんがあマリにも多くてかぶりマくリでややこしいので「ヤマ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3