List

その黒いUSBには、彼女が今まで夜を過ごした男たちの名前と職業が入っている。

  • 記事数 351
  • 読者 253
  • 昨日のアクセス数 285

テーマ:小説 > 短編

2017/07/27 21:35:44

  • 18
  • 0

少し前から実家の稼業を継ぐために、そろそろ戻って来いと言われていた。とTetsuは言った。
彼女と出会ったことで、それを引き延ばしていたことも。


ー そう、知らなかった。じゃあもうお別れね。


その言葉を口にすると、彼女は少し肩の荷が降りた気がした。それと同時に、彼は彼女をゆっくり引き寄せた。


彼の腕には慣れているはずなのに、彼女には初めての時のように感じられ、緊張感すら感じられた。


馴れ合いは、心地がいいがスリルがない。
スリルがないのはつまらない。終わりの見えた関係ほど、背筋がゾクゾクする。



結局、彼女が好むのは後者の付き合い方なのだ。


彼は彼女をゆっくりソファに押し倒した。
いつもの戯れ合いのようなふざけた空気はそこにはなくて、それが彼女を妙に興奮させた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    8時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18211 / 読者数 4108

  2. 2

  1. 3

    未来予想図

    6日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 768 / 読者数 3156

  2. 4

    When love ...

    23時間前

    リノ

    記事数 687 / 読者数 1310

関連するブログ記事

  1. とても必死なんです、彼女達・・・必死になればなるほどマシ...

  2. 霊仙に旅立たれた彼女のお葬式にいく彼女のご自宅が遠いた...

  1. 彼は彼女と別れることはできない。別れたら彼女が何しでかす...

  2. S,again-21

    2016/01/28

    目隠しを外してもらえないまま、彼女はShoに起こされるとソフ...

    List

    • 27
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/19 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3