ブログランキング28

ほんわか日記

何気ない日常

  • 記事数 1163
  • 読者 367
  • 昨日のアクセス数 8231

2017/07/27 14:26:29

  • 53

念の為、その弁護士事務所で慈善団体のことも調べてもらって、特に問題のないことがわかったので、そこを訪ねることにした。

そこからまだ2時間ほど行った小さな町なんだよ。

彼、君の父親だという人は、そこで働いていたんだ。
仕事と言っても、人探しとか、独居老人の世話とか、報酬は微々たるもので。

一緒に暮らしている人がいてね、その人に食べさせてもらってるようなものだと言っていたけれど。
今は‥‥‥‥‥今は入院している。
重度の肝硬変だ。


それってよくある話で、一目娘にとか、そんな話?

本人の意志じゃない。本人が君のことを口に出したのは、過去に一度だけ。

それを一緒に暮らしている人が覚えていて、長くないのなら、できるものなら会わせたいと、言ったことがきっかけだとか。

本人にそんな意識があるかどうか。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 3章才能の豊かな魅力にとりつかれ通いし異性振りほど...

  2. 2014/12/20

    絶望が君を押しつぶし悲しみに打ちひしがれ暗夜に彷徨い行...

  1. その腰のラインなぞる指先やさしく激しく君をかき鳴らす...

  2. 君の世界は君が変えることができる君の世界は神様が創ったんじ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/12 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3