ブログランキング82

恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1285
  • 読者 3541
  • 昨日のアクセス数 2660

2017/08/07 23:56:55

  • 338

波が去っていくと、普通に動けた。

ドクターに連絡をして。

病院に持っていく荷物の最終確認をして。

さらには、出産直前のお腹を写真に収める余裕だってあった。

でも、約10分後再び痛みが。

そして、病院に向かうため車に乗ってから、その間隔はどんどん短くなっていった。

初産は時間がかかるって聞いていたのに、あまりにも間隔が短くなるのが早い。

たまにテレビなんかで見るような、「車内で出産」なんてことになったらどうしよう。

そんなことを考えつつ、ドキドキしながらの15分は、とても長く感じた。

病院到着したときは、既に2〜3分間隔。

陣痛がくるとあまりの痛さに、声も出せないほどだった。

ただ、あまりにも静かに痛みに耐えていたせいで、看護師さんたちは最初、まだ時間がかかると思っていたようで…

"まだまだこれからよ"

なんて言いながら、のんびり準備をしていたけど、お腹にモニターを付けてみてびっくり。

さらに、内診をしてみると、子宮口もかなり開いていたし、直後に破水したこともあり、急にバタバタし始めた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 無事臨月を迎え、前駆陣痛がくる度に時計と睨めっこしていた。...

  2. お腹の痛みは、20分…15分…と規則的になってきた気がする。...

  1. GT開いて皆様のブログを読もうとしては睡魔に襲われて、自分...

  2. 手術の日の朝、主人と病院に向かう。心配して母が来てくれた...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3