ブログランキング12

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3329
  • 読者 727
  • 昨日のアクセス数 16406

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/30 17:26:01

  • 75
  • 0

「……」

あたしは、途方に暮れていた。

マキちゃんちに二泊して。

夜、アパートに戻ると…

ドアの前に、貼り紙。


『引っ越す。連絡を待て』


この達筆は…ノンくんのだ。

わざわざ筆で書いてくれてるのはありがたいけどさ。

引っ越す?

向かいの部屋のドアを開けると…

ガラーンとして、何もない。

…ここってさ。

事務所が用意してくれたんだよ?

引っ越すって。

勝手に何してんのよ。


あたしは唇を尖らせながら、ノンくんに電話をした。

「…出ない…」

続いて、沙都にも。

「…出ない…」

どうなってんの!!

とにかく、二人にはメールもした。

『連絡して』と、だけ。


一昨日の朝、沙都から電話があった。

『紅美ちゃん、今どこ?』

「え?」

『アパートに戻ったんだけど、ノンくんも紅美ちゃんもいなくて。』

「え?予定より早くない?」

『うん。ちょっと早くこっちに慣れておきたくて。』

そうだ。

沙都は時差ボケしちゃうからな…。

「ノンくんは事務所だと思うよ。」

『そっか。じゃ、僕も行ってみよ。紅美ちゃんは?』

「あたし、友達んとこに泊まりに向かってるとこなんだ。」

『あ…もしかして、マキさん?』

「うん。」

沙都は、ヘヴンのみんなの事を、ちゃんと覚えてくれてる。

『そっかあ、よろしく伝えてね。』

「うん。ありがと。」

『じゃ、こっち戻ったらねー。』

「はーい。」

沙都の明るい声。


ノンくんとは…海くんと別れた夜から会ってなくて。

それが何となく…引っかかってもいた。

もしかして、避けられてる?なんて…

…ノンくんに限って、それはないとは思うけど…


今夜、久しぶりに三人で晩御飯食べられると思って、楽しみにしてたのに。

引っ越したって…何でよ…。


あたしはソファーに倒れ込むようにして寝転ぶと。

「…バカ。」

誰にともなく、そうつぶやいた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 35th 84

    07/30

    「ただいまー。」「あっ、沙也伽。おかえりー。」翌日の...

  2. こんな所で希世の叔父夫婦に会うなんて。正直、渉さんの耳が...

  1. 33rd 96

    07/18

    「詩生ちゃん。」夕方、ロビーで詩生ちゃんを見付けて。...

  2. 35th 86

    07/30

    「じゃーなー。」「え?もう帰るの?」立ち上がったノン...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/22 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3