ブログランキング16

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3338
  • 読者 726
  • 昨日のアクセス数 14052

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/28 17:15:59

  • 82
  • 0

「……」

「……」

「……」

「あら、この魚美味しい♡」

正直…僕は頭痛がしそうなほど、緊張してる。

だけど…さくらばあちゃんは、一人だけ…とても美味しそうに僕の作ったムニエルを食べてる。


もうすぐオフも終わるし…

沙也伽ちゃんより二日早く、僕はアメリカに戻った。

すると…今朝。

「ここ、女の子の部屋の真向いって良くないわ。」

突然来たさくらばあちゃんが言った。

さくらばあちゃんは、桐生院家の人で…

ノンくんとは一緒に暮らしてる。

で、紅美ちゃんのおばあちゃんでもある。

僕は、紅美ちゃんちでたまに会う事があって、仲良しだけど…

でも…さくらばあちゃん、前はもっと上品だったような気が…


「はっ?何言ってんだよ、ばーちゃん。バンドメンバーだぜ?」

ノンくんが機嫌の悪そうな声で言うと。

「私が朝霧さんだったら、お嫁さんが息子以外の男の向かい側で生活して、毎朝寝起きの姿を見られるなんて嫌よ。」

…さくらばあちゃんの意見は、何ていうか…分からなくもなかった。

うちの親は気にしないと思うけど、希世ちゃんは少し気にしてるだろうし。

…ノンくん、フリーな独身男性だからね。

…おまけに、カッコいいし。


「さ、引っ越しちゃお。」

さくらばあちゃんのその言葉に、ソファーに仰向けになって漫画を読んでたノンくんは立ち上がって。

「はあ?」

大口を開けて、眉間にしわを寄せた。

僕は単なる冗談だと思ってたけど…

「やめろよ、ばーちゃん。口に出すなよ。マジかよ。」

ノンくんは…狼狽えた。

なんで?と思って見てると…

「どこから片付けますか?」

引っ越し業者が来た…

驚いた顔でノンくんを見ると。

「…有言実行の女だからな…」

ノンくんは諦めたように目を細めて、肩を落としながら片付け始めた。


引っ越すったって、新居は?って思ったけど…

「ここ、いいでしょ。昔ね、三人でシェアしてたの。」

小さいけど、庭のある一軒家に連れて行かれた。

「は?ばーちゃんが?」

「ええ。」

「三人って誰だよ。」

荷物をほどきながら、軽く聞いたノンくんに…

「廉くんと晋ちゃん。」

さくらばあちゃんは…さらりと…あきらかに男の人の名前を言った。

しかも…

聞いた事ある…名前…

「…廉…?」

「知ってる?丹野廉。あ、知ってるか。ライヴで映像流れたもんね。」

「…晋って…浅井晋?」

「そ。」

「……」

「……」

僕とノンくんは、顔を見合わせたよ。

だってさ…

さくらばあちゃんが口にした名前は…

とんでもなく、大物だもん。

特に、丹野廉って…

「僕の…母さん方のおじいちゃんだよね…?」

僕が小さな声で問いかけると。

「あ!!そうだ!!そうだよ!!」

さくらばあちゃんは、僕の頭をわしゃわしゃってして。

「沙都ちゃん!!これって、すごいね!!おじいちゃんが暮らしてた家だよ!?」

まるで…16歳ぐらい?って思っちゃうような、はしゃいだ声で言ったんだ。


それは…なんか嬉しかったけど…

「どうしたの?みんな食べないの?」

さくらばあちゃん…

そりゃあ仕方ないって言うか…

だって、この面子ってさ…

みんな、紅美ちゃん狙い…じゃん?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    8時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18241 / 読者数 4109

  2. 2

    When love ...

    23時間前

    リノ

    記事数 693 / 読者数 1348

  1. 3

  2. 4

関連するブログ記事

  1. 僕の居場所が区画整理され狭くなった鯖統合で...

  2. 何も恐れないそれは捨て身じゃない何も恐れない...

  1. 美術部に僕がいた頃このヒトみたいな作品を仕上げたいと憧れ...

  2. 今日。

    2014/07/11

    なかなかうとましいぼくの嫌いなタイプギャーギャー...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/25 編集部Pick up!!

  1. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3