Cry for the moon

無い物ねだりな恋

  • 記事数 10
  • 読者 1
  • 昨日のアクセス数 1

新月の夜の再訪者

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/27 10:22:05

  • 2
  • 0

いつもの時間に起きて、いつもの時間に準備、いつもの時間に家を出る。
お店に着くと珍しくカギがかかっている、カギを開けて開店準備を始める。
りんごがあわてて入って来て
「月ちゃんゴメン、仕入れに時間かかっちゃった」
「大丈夫よ、私も今来たところだから」
ふたりで仕入れをしまって、作業を続ける。
開店時間も近づき準備も終了、お客さんを迎えるだけ。
意気込んでみたものの、お客さんは来ない。
りんごが一生懸命営業メールをするもなかなか手応えのない感じ。
今日もヒマなのかな?と思ってるところに1人入って来た。
「いらっしゃいませ〜」
照れ臭そうに入って来たのは裕司だった。
「こ、こんばんは」
「あらー裕司さん、今日はお一人?ありがとう」
あまり喋らない感じでおとなしい人だなと思っていた。
またまた天気の話からくだらない話をしながら飲んでいると
「月ちゃん、一曲歌ってよ」
「なにかリクエストありますか?」
「月の雫」
哀しい歌だがいい選曲、私も好きだし得意だ。
歌い終わると裕司が
「上手いなぁ〜泣けてきたよ〜」
「なにか思い出があるの?話したくないなら、話さなくてもいいですよ」
聞き返すとまあまあという感じではぐらかされた。
今夜は新月、月の出ない夜は更けていく。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 次の日も、ホテル直行〜やし。。あの。その。みたいな言って...

  2. 主人公は、私ではないんだな。もう、会う時...

  1. あっと言う間に半年は過ぎていった最後まで私は全力で働いた。...

  2. そういえば、思い出した。たけまるに、チチの話をした時のこ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3