Cry for the moon

無い物ねだりな恋

  • 記事数 10
  • 読者 1
  • 昨日のアクセス数 2

新月の夜の再訪者

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/27 10:22:05

  • 2
  • 0

いつもの時間に起きて、いつもの時間に準備、いつもの時間に家を出る。
お店に着くと珍しくカギがかかっている、カギを開けて開店準備を始める。
りんごがあわてて入って来て
「月ちゃんゴメン、仕入れに時間かかっちゃった」
「大丈夫よ、私も今来たところだから」
ふたりで仕入れをしまって、作業を続ける。
開店時間も近づき準備も終了、お客さんを迎えるだけ。
意気込んでみたものの、お客さんは来ない。
りんごが一生懸命営業メールをするもなかなか手応えのない感じ。
今日もヒマなのかな?と思ってるところに1人入って来た。
「いらっしゃいませ〜」
照れ臭そうに入って来たのは裕司だった。
「こ、こんばんは」
「あらー裕司さん、今日はお一人?ありがとう」
あまり喋らない感じでおとなしい人だなと思っていた。
またまた天気の話からくだらない話をしながら飲んでいると
「月ちゃん、一曲歌ってよ」
「なにかリクエストありますか?」
「月の雫」
哀しい歌だがいい選曲、私も好きだし得意だ。
歌い終わると裕司が
「上手いなぁ〜泣けてきたよ〜」
「なにか思い出があるの?話したくないなら、話さなくてもいいですよ」
聞き返すとまあまあという感じではぐらかされた。
今夜は新月、月の出ない夜は更けていく。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 波1

    2017/03/02

    この夏、瑞月は1歳になる。あっという間だったような、すご...

  2. ☆補足☆

    2014/08/24

    仕事をしてると甘えは許さないのは100も承知なのですが、...

  1. [業務連絡]12/28(木) 初回放送です。この再放送...

  2. 雨夜。

    2015/04/05

    ポツリポツリしんと鎮まる木陰に響くパタッパタッ葉陰に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3