アヤノのフィクションROOM

ブログ再開しました🎵 コメントはいつでも受付中(*´∇`*)

  • 記事数 647
  • 読者 294
  • 昨日のアクセス数 1983

壊れた心67

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/10 13:46:21

  • 43
  • 0

🌷




アイトは言い訳を言い始めた

アイト
「本当に好きなのはユウカだけなんだ........
だけど........本当にユウカは俺でいいのか?って.....
どうしようもなく不安で......
最初は相談してたんだ.....静香に..........」

静香......静香.......呼び捨てなんだね......

私は俯いて一言も返さず黙っていた

すると申し訳なさそうに
静香さんが話始めた


静香
「ユウカちゃん.......ごめんなさい......
私、知らなかった........
相談に乗っていたのも誰かわからずに
ただ彼女って言うだけだったから.........
それで相談に乗るうちに.........
本当にごめんなさいm(_ _)m」

静香さんは本当に知らなかったみたい

だけど彼女がいることは知っていたわけで........


やっぱり私には重すぎる.......

許せない........

私の心は狭いのかな?


付き合う前にアイトの言葉に救われた

ヒロキ先輩に振られて

傷ついてた私を救ってくれたアイト

あの時のままのアイトなら...........


だけどもう過去の事なのかもしれない

ちゃんとお別れしよう

また同じことがあれば

たぶん立ち直ることはできない........


「アイト?
私ね?アイトに愛されてたことわかってる。
アイトは私を救ってくれたよね。」

アイト
「じゃ、じゃぁ.........」

「でも......もう無理だと思う........
アイトのこと、大好きだった.....
今までありがとうm(_ _)m」

アイト
「ユウカ........」


私の名前を呼んだ後俯き
そばのベンチに崩れ落ちるように
座ったアイト


「アイト、幸せになって........」

私はそう呟き
公園を後にした


私は一度だけ振り返った

そこには
アイトの隣に座りアイトの頭を抱き寄せる
静香さんの姿があった


いつの間にか零れていた涙

拭う事もせずその場から離れた









🌷

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. チャッキーさんは言った。「アイツ本当に女好きだし ...

  2. 「どうしたらいいと思う?」って、よく相談を受ける。どうし...

  1. その間に、ヒロキに会った。ヒロキは、私とマサが付き合う前...

  2. 🌷向かい側に座ったヒロキ先輩何となく話しづらい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  3. ママ友の発言にドン引きした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3