List

その黒いUSBには、彼女が今まで夜を過ごした男たちの名前と職業が入っている。

  • 記事数 376
  • 読者 269
  • 昨日のアクセス数 77

テーマ:小説 > 短編

2017/07/26 23:41:11

  • 15
  • 0

終わりかけの夜桜を見に行き、梅雨が明けると夏が来て、2人は海でこんがりと焼けた。
彼女は時々戸惑いながらも、あの昼間に一度寝た男からの連絡さえもほっておいた。


ただ、この街の夏は蒸し暑すぎて、寝苦しい夜は彼女にとって長い夜になる。


隣では、汗ばみながらもスヤスヤと眠っている彼の寝顔。
そして、深夜にふと光るスマホの画面を彼女はつい目にしてしまう。



ー 昨日は楽しかったね♡また一緒にゴハン行きましょう♡


そういえば、昨日は飲みに行くと言ってウチには来なかった。
ありがちな事の流れに、彼女は少し安心する。


いつか彼が彼女を抱きしめて言った、好きだという言葉はもう忘れてもいいんだと、彼女は自分のスマホを手に取った。


ー 元気?
それは、Tetsu以外に唯一の知り合いの男。
狂い出した歯車は、自らもっと狂わすのが、彼女のやり方。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. To-ru 6

    2015/12/05

    夏が来ると、彼女は本業以外で手掛けているパーティーに何度かT...

    List

    • 17
    • 0
  2. N,again-3

    2016/01/04

    金曜日の夜、仕事を終えるとそのまま空港に急ぐ。10時間以上の...

    List

    • 25
    • 0
  1. 真っ暗なレールを進んで行くと2人は星の中に居た汗...

  2. 薄蒼い朝もやの中地面のトカゲが青に繁る草むらへ少し肌...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/21 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 仕事に行くフリして働かない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3