ミユキさんのブログ

新婚でお寺に嫁いだ私の奮闘日記

  • 記事数 70
  • 読者 150
  • 昨日のアクセス数 13

2017/07/26 16:41:06

  • 28
  • 0

大学は、就職率?がいいように
ひたすら勉強し理学部へ。

とにかく実家を離れたくて
東京の大学を選び猛勉強のかいあり
合格した時、嬉しかったな。

大学とバイトで明け暮れた生活。
自炊し部活もギリギリ。
勉強も必死、夢中の4年間。

大学生生活は、あまり楽しい思い出ない。
何人かは友人出来たけど。
余裕がないから、旅行、飲みに行ったのは
数える程度。

暗い大学生生活笑

男性から交際を申し込みあったけど
大学を卒業するまで
断っていた。

お洒落とか化粧に費やしたくなかったし
気持ちにも
余裕なかったから社会人に
なって爆発した。

希望する職業につき
給料もまあまあ貰えて研究室だから
仕事は地味だけどやりがいがあり
研修で出会った同期の友人が出来た。

配属になった部署も一緒で

「えりです宜しく❗
友達になってね」

美人でハキハキした女性で
「宜しくお願いします❗」
ってこっちも挨拶。

「色白で目が茶色…
ハーフ?なの。
可愛いい~」

「ハーフじゃないですよ。
生粋の日本人です。
ミユキです、宜しくね」

昔から目が茶色だから
よくハーフに間違われた。

母にそっくり。

だから父親も私を見て辛かっただろうな。

母は、まだ40歳だったから。

えりとは、よく遊んだ。
旅行から、化粧の仕方迄教えてくれた。

部署の先輩だったのが
旦那さんになった宏樹さん。

眼鏡をかけた冴えない白衣姿で
全然タイプじゃなかった笑

背だけは高かった。

初対面での挨拶も素っ気なしで
「堀宏樹です、宜しく」
とそれだけで直ぐ顕微鏡覗いてた。

それが結婚して甘々な旦那さんに
なるなんて世の中面白い。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 学生会館を出た後は、アブドゥール、アリ、アリの家族と一緒に、...

  2. いよいよ入社。4月1日は入社式と辞令が出る日だった。関東...

  1. 黙々と勉強を続けた。ある日は私室で、ある日は図書館で。...

  2. 大学受験が見えてきた高校2年生の冬。私は医大か理系の研究職に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/22 編集部Pick up!!

  1. 友人の子供を注意してもいいか
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3