ブログランキング37

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1129
  • 読者 553
  • 昨日のアクセス数 7249

スキナツ 5

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/26 14:57:09

  • 25
  • 0

3.ミクの好きなもの



海に行く前に、あつしがイイ物があるからって車に寄った。

「わーすいか!」

「好きだって言ってただろ?」
「うん、大好き!しかも丸々一個?」


あれ?でもどうやって切るの?


「ミク……前にスイカ割りしたことないからしたいって言ってたから」
「えーいいの!?すごーい!」

思わずはしゃいだあたしを、ニコニコとあつしが見つめてる。


……もしかしてまた、子どもっぽいって思われてる?


「あつしはしたことあるの?」
「うん、みゆもスイカ好きだし。よく家族でやる」

道具も一式持って来てくれていた。



砂浜の人の少ない場所に移動して、レジャーシートの上にスイカを置く。

「あたしが割るの?」
「もちろん。やりたかったんだろ?」


ハチマキのような布で目隠しをされる。
……それだけでなんか不安と緊張が高まる気がする。


「あつし?……いるよね?」

クスクス笑い声。
「もちろんいるよ。スイカの場所分かる?」
「全然分かんない……」


突然、背中に指がツーっと触れる。

「あ……っ」

「どうした?場所教えてあげようと思っただけなんだけど……」
「ご、ごめん……」


視界が遮られてるせい?
体が敏感になってるような……。


恥ずかしくて顔が熱い。

「……ほら、こっち……」

また、今度は両方の脇腹に指が……。
「ゃっ……んん……!」


……絶対変!
ワザとこういう触り方してるよね!?


指は止まることなく体中を這い回って、あたしはスイカ割りどころじゃなくなってしまっていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. マキがロングヘア好きだからマキがネイル好きだからマキ...

  2. 355

    12/01

    Hugoは話していた私を急に抱きしめたHugoは私を慰め...

  1. 野に咲く花は野におけ。それがモットー。手折ったり掘り...

  2. 現実の労苦に勇敢に忍耐強く勝利すること。ボクが今いる場所で...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/25 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3