Cry for the moon

無い物ねだりな恋

  • 記事数 10
  • 読者 1
  • 昨日のアクセス数 3

バス停での涙

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/26 09:41:41

  • 2
  • 0

「こんにちは〜、さくら〜いるの〜?」
階段を駆け下りて来る音がして
「ママー!!」
抱きついて来た、1週間ぶりに会う愛娘。
「ちゃんと勉強してる?おばあちゃんの言うこと聞いてる?」
「もうママはいつも同じこと聞くんだから」
さくらはそう答えながらも手を離さない。
前夫と離婚して親権を取られて自棄になって居た時もあった。
三年前に前夫が再婚すると言って、さくらをお前にと言われた時うれしい反面今更なにをと思った。
生活も苦しくて今はさくらを父母に預かってもらっている。
さくらももう9歳になったので、そろそろとは思ってはいるのだが中々色々なことが上手くいかず現状のまま父母にあまえている。
「月子、俺たちももう歳だ。あまり長くは面倒見れないぞ」
父が言う通りだと思う。
「わたしは〜おじいちゃんとおばあちゃんが一緒にいればいいのよ〜」
さくらはいつも明るく言っているけど、内心はわからない。
みんなで仲良く食事をして、とりとめのない話をかわし時間はたっていく。
「そろそろ帰らなきゃ、さくらまたね」
「お父さんお母さんさくらを頼みます」
そう言って玄関に向かい靴を履いて顔をあげると、さくらはいない。
「さくら〜ママ帰るよ〜」
返事もなく出てくる気配もない。
寂しんだろうなと思いながら、私も苦しいのを堪えつつ実家を後にした。
たった一人で待っているバス停で涙がこぼれた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 大歓迎

    2015/08/30

    リツの家に行くとリツママに苦しいぐらいのハグをされ笑大歓...

    私色

    • 51
    • 0
  2. 徳井はスマートに部屋のドアを開け私を招き入れてくれたなに...

  1. しばらくすると舞さんたちとこうちゃんの両親が病室に戻って...

  2. 後から考えたら、なんで私、手土産なんて持って行ったんだろ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/24 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3