ブログランキング2

それでいいのか

幸せな夫婦って、どんなもの?

  • 記事数 369
  • 読者 450
  • 昨日のアクセス数 37732

優先順位

しおりをはさむ

2017/07/26 18:10:22

  • 26
  • 0

子供が帰宅する頃を見計らって、フロアを離れて、家に電話する。
あっさり分かったと電話を切った子供と違って、少し困っているリク君の声が聞こえた。
耳をすますと、
リク君「急に残らないといけなくなったんだって」
リク君「そうだけど…」
リク君「…無理」
何とか謝って電話を切ったリク君に話しかけた。
アイ「ナナちゃん、怒ってた?」
リク君「何でいるんですか」
アイ「遅くなるかもって、子供に電話してた」
リク君「アイさんも、残るんですよね」
アイ「私はすぐ帰れそうだけど」
リク君「ボクは最後まで帰れません」
アイ「ナナちゃん、大丈夫?」
リク君「大丈夫です。寂しがりやなんで」
何だろう、惚気?
アイ「寂しがりやなんだ。私、女子じゃないから、分からないな」
リク君「変なことだけ覚えてますよね(笑)」

ナナちゃんに嫉妬していたんだと思う。
だから、口が滑った。

アイ「うん。黙っていたら、バレないって言ったのも覚えているよ」
リク君は、黙って私の二の腕を軽く掴んだ。
リク君「…仕事に戻りましょう」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. リク君「あ…」アイ「出たら?」リク君「声、出さないで下さ...

  2. リク君「ボクは子供、いなくてもいいと思うんです」アイ「そう...

  1. 翌日、リク君とハグすると、これまでとは違うフルーツ系の柔軟剤...

  2. リク君「大丈夫?(笑)」アイ「…やめてって言ったのに」リ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/17 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 仕事に行くフリして働かない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3