ブログランキング15

STORY BOX

お話を中心に書いてます

  • 記事数 2170
  • 読者 758
  • 昨日のアクセス数 13487

まさか私が?!…137

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/26 08:00:43

  • 77

………









不安で胸が押しつぶされそう…



やはり

講習会へ行く前


朝陽さんに会っておくべきだったんだ…



今更…後悔しても仕方ない



スマホとにらめっこ…


もしかしたら


駅まで来てるんじゃないかと



カフェの窓から
駅のロータリーを見てみる



でも…朝陽さんの車は来てない…


自分でも
珍しいくらい


落ち着いていない…


駅前に着いてから
30分過ぎた…


連絡はない…




1時間経った…


でも…連絡はない


誰かを待つことで
これほど

不安になることはなかったのに…



それは…朝陽さんだからなの?!


溜息が何度も出て来てしまう…




1時間半を過ぎようとした時に


♪〜♪〜



スマホが鳴り


電話を取りながら

私はカフェを出た…



『…柚月?』



名前を呼ばれて


涙が溢れた…



「…うっ…遅…いです…
何処…ですか?」



『えっ?…泣いてるのか?

…ごめん。待たせて。
駅のロータリーで待ってて…
5分で着くから…』



「…わかり…ました。
気をつけて…来てください。」



電話を切り

涙を拭いながら
ロータリーへ…



すると

朝陽さんの車が走ってきて


私の前で止まった…



朝陽さんが

何故か



降りて来たので

私は近づき

そのまま…


朝陽さんの胸に抱きついて
泣いた…









………

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 最寄り駅の1つ前の駅に着いた時に『改札のとこにおるよ...

  2. ………私が黙っていると…久遠が…...

  1. 予定通り、2泊3日で広島へ。彼女が別れ話を拒否してせまって...

  2. ………走ってここまで来たのか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3