ブログランキング19

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1634
  • 読者 2411
  • 昨日のアクセス数 14593

小説)84その香りに包まれて

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/25 23:07:31

  • 123
  • 0

ソファにどかりと腰を掛ける。
「報告書は?」
出された左手に報告書を渡した。

「……相変わらず…抜け目ないな…」
テーブルに報告書を置くと、本部長はにこりと笑った。
「ありがとうございます」
「山下はどうだ?使えるようになったか?」
「はい、よくやってくれてますよ!」
ほんとにここ半年彼に助けられ、仕事はとても順調だった。それに、プライベートも……。

「あの、本部長」
「なんだ?」
私は本部長の目の前のソファに座った。
「あの……少しお休みを頂きたいのですが…」
「ん?どうした?珍しいな?」
そう言われるのも無理はない。社員が一人しかいなかった職場とはいえ、ブラックではない。ちゃんと申請すれば、有休はもらえる。でも、私はとらなかった。仕事が好きだし、店長という立場上、店を長く休むのは気が引けたからだ。

「あの……実は結婚を考えてる方がいまして…」
「……は?」
本部長は目をまるくして身を乗りだし、私を見た。
「…………冗談だろ?」
「いえ…本気です」
私は本部長の目を真っ直ぐ見た。しばらくの沈黙。

「…………そうか…」
本部長はソファに背をあずけた。
「相手は?」
「まぁ……えっと……山下くんです」
「……はぁ?」
そんな反応されることは想定内だった。
「年が違い過ぎるだろうが!」
耳がツーンとなるような大きな声だった。
「山下の話って……それか!」
本部長は立ち上がると、扉を開け、彼の名を呼んだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 面接

    2015/09/06

    コンコン…「失礼します…。」そう言いながら中に入るとさっ...

    crossroad

    • 16
    • 0
  2. ☆ボクはそれでも恋をする☆       ユウヤに...

  1. お腹は棗の食事で満たされたが、ココロは全く満たされない仕...

  2. 微熱

    2015/09/09

    「ある場所」から家への道を、どう帰ったのか、私は全く覚えてい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3