ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 1725
  • 読者 581
  • 昨日のアクセス数 27891

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/27 22:53:25

  • 83
  • 0

海に到着すると…周りには誰もいなくて。

俺は、砂浜で紅美を抱きしめると、繰り返しキスをした。

…どうして、あの時こうしなかったんだろう。

そう思いながら…

気持ちを込めた。

紅美…

愛してる。

…離したくない…。


二階堂の仕事に誇りを持っている。

だが…自分が何をしているのか、分からなくなる時もある。

そんな俺に、このままトップが務まるのかという不安…

…こんな気持ちになる時点で、アウトだ。

俺を信頼してくれている組織のみんなにも…

申し訳ない。


「今夜…どうする?」

大きな流木に座って、問いかけると。

「ん?あの先の方にあるホテルは?」

「…ホテルか…」

「何。出来ないの、悩んでる?」

「まあ、それは当然…」

「いいじゃん。出来なくても。何回もキスして、くっついて話して寝ようよ。」

くすっ。

小さな笑いが出た。

こういう所が…紅美は楽でいいんだ。

俺が何かで苦しんでいたとしても…

大丈夫。何とかなる。なんでもないよ。

そう…笑っていてくれる。


「…おまえは…変わらないな。」

「…海くんだって、変わらないよ。」

「俺は…変わったよ。」

大きく溜息をついた。

「望んでこっちに来たのに…思うように仕事が進まなくてイラついて…」

「……」

「…去年…一般人を死なせてしまった。」

「え…?」

職業柄…

死人の出ない現場がある方がラッキーなぐらいだが。

そこには、一般人は含まれない。

二階堂の者が身を張ってでも、一般人は救わなければならない。

死人が出るとしたら…

敵か、二階堂か。

だけどあの日…

俺は死なせてしまった。

事件に無関係の…まだ若い男性を。


「いつ…?」

「朝子と…婚約したぐらいの時だったかな…」

「……」

「何もかも…俺のせいだって、自分を責めた。」


気にするな。

だけど、忘れるな。

親父からはそう言われた。

そうとしか言いようがないとも思う。

一つの死を引きずって、この仕事は出来ない。

分かってる…

分かってるが…


眠れなくなった。

追い打ちをかけるように、朝子を抱こうとしても抱けなくて…

朝子の目が、俺を責めているように見えて…

精神的に…追い込まれた。

何一つ守れない…

こんな俺が、トップに立ってていいのか…と。


「…そのストレスで…じゃないの?」

「…何のストレスかは分からないけど、仕事とプライベートの切り替えが出来ない時点で…俺が誰かを幸せにするなんて無理だって分かった。」

「その事、朝子ちゃんには…?」

「仕事の話はしなかった。朝子は…傷の事で精神的にまいってたし。」

「そっか…」

朝子に話したところで…朝子には受け止めきれないと思った。

顔の傷のせいで、研修さえやめてしまった。

…甘やかした俺も悪いが…

朝子に対して、普通に接しても…

どうせあたしは。と口に出されるのが辛かった。

…まるで、俺の心の声のような気がして。


「…でも、海くんが辛い事…朝子ちゃんも知りたかったと思うな…」

紅美が言った。

「仕事の話はできないにしても…海くんが、辛い事や悲しい事があった時…朝子ちゃんは、それを話して欲しかったと思う。」

「……」

紅美だったら…と…

思う事が何度かあった。

そして、それは常に朝子への裏切りになる。と…また自分を責めた。

…病んでたな…俺は。

なんてつまらない男なんだ。

自分を知って行くたびに、失望した。

この仕事を…全う出来るのか、と。


「あたし、海くんの事…完璧な人だって思うけど…」

「俺が?全然完璧なんかじゃないだろ。」

紅美の言葉に、笑ってしまった。

どこが完璧なもんか。

ハナオトの方がよっぽど…

「ううん。完璧だよ。仕事が好きで、みんなに優しくて、だけど、弱い所もあって…」

「…弱い所があるのに、完璧なのか?」

「弱い所があるから、完璧なんだよ。」

「……」

「人間らしいじゃん。」

「…紅美。」

紅美を…抱きたいと思った。

久しぶりに湧いた感情かもしれない。

この手で…


「…ホテル、行くか。」

小さく言うと。

「まだ悩んでたの?」

「……」

「あたしは、とっくにそのつもりだったよ?」

紅美はワクワクしたような目で言う。

「仕方ない。一番いい部屋取るか。」

立ち上がりながら言うと。

「シャンパンもね‼︎」

紅美は俺の腕に掴まって言った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 35th 28

    07/26

    それから…砂浜でお城を作った。海くんの作り方が本格的過ぎ...

  2. 辛い

    04/22

    自分はこんなにも辛いと思ってしまう。けど周りはこれが楽だと...

  1. 33rd 77

    07/17

    「朝子。」怪我をして、病院のベッドで目覚めた時…海く...

  2. 35th 26

    07/26

    ゆっくりお風呂に浸かって、フェイスマスクをして顔のむくみを取...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/20 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3