俺のものにしたい version B

恋ってステキ♡フィクションラブストーリー

  • 記事数 1211
  • 読者 6867
  • 昨日のアクセス数 947

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/25 23:14:00

  • 166

引っ越してから一週間が過ぎ、
ユカも生活の基盤が安定してきた為
仕事にもより一層意欲が湧いてきた。


ある日、店長と昼休憩が重なった時。


「最近どお?
こっちの生活にもだんだん慣れてきた?」


「はい!おかげさまで、新しい家にも
慣れてきました。

引っ越しの際はお仕事のほうでもご迷惑を
おかけしてしまってすみません。」


引っ越しの際、2連休をもらっていた。


「全然迷惑なんかかけられてないから
気にしなくていいのよ〜。

素敵な家が見つかって良かったわね。

今度足りないインテリアとかあったら
一緒に見に行きましょ☆」


「はい!ありがとうございます!」


「それとね、ちょっとユカに頼みたい
ことがあるのだけど、いいかしら?」


「頼みたい事ですか?
何でもおっしゃってください!」


「私ね、来週から一週間、研修で
ロンドンに行くのよ。

その間、お店を任せてもいいかしら?」


「ロンドンですか!?スゴイですね!
もちろんです!
お店のことはお任せください!」


「良かった。

ユカなら安心して任せられるわ。

その間に、モール内の店長が集まる
会議もあるから、それにも代わりに
出席して欲しいの。OK?」


「店長会議ですね?
かしこまりました。」


「えっと、日にちが…」


由里子は手帳を取り出した。


「確か…15だったような…

そうそう15日で合ってた。」


「15日に会議ですね。

かしこまりました。」


「悪いわね。じゃ、よろしくね。」


「はい!」


そう言って、由里子は先に休憩から
上がった。


「…………………。」


…来週から一週間、店長代理か…。

よし…!頑張ろっと。





それから一週間が過ぎて、
店長会議の15日がやってきた。


副店長になって初めての大仕事。


いつかはこの日が来ると覚悟はして
いた。


だが、初めて自店の看板を背負って
会議に出席することにプレッシャーを
全く感じてないといったら嘘になる。


前日に、ショウヘイから電話で
「ユカなら大丈夫。
自身持って頑張って!」
と、エールももらった。


頑張るしかない。
任された仕事を全うするしかない。


緊張した面持ちでミーティングルームの
座席に座り、会議が始まるのを待っている
と…


「あっ!ユカちゃんじゃんっ♪
隣イイかな?」


「…………!?

ケントさん…!」


隣のショップの店員であるケントと
再会した。


「久しぶり〜!」


「お久しぶりです。」


「元気してたぁ〜?」


「はい。おかげさまで…。」


「またユカちゃんに会えて嬉しいな♡」


「…それはどうも…。

ケントさん店長だったんですか?」


「ううん。俺は代理。
ユカちゃんも由里子の代理でしょ?」


「はい。」


「また未来野戻れてラッキー♪

いやさ、俺しばらくたらい回しに
されてたんだよ。いろんな店舗。」


「大変だったんですね。」


「ははっ。たらい回しっつーのは
嘘だっけど♪

ウチのディゼルって交換研修っつーのを
皆んな必ずやんのよ。
店舗から一人ずつ交換して他店の雰囲気
感じてこいっつーね。
ほんで、俺先月から3店舗回って、
昨日帰ってきたってワケ。

そしたら店長が熱出したっつーから
仕方なく今日代理やってるっつーね。」


「そ、そうだったんですか…。」


聞いてないのに、勝手に経緯を語り出す
ケントに困惑気味のユカだったが、
不本意ながら緊張が少し解れてきたのも
事実だった。


「店長代理で会議ってマジかったりーわー
って思ってたケド、ユカちゃんに会えて
超ラッキーだから頑張っちゃおーっと☆」


「…恐縮です。」


ユカにとってケントの印象は
実際あまり良くなかった。


ショウヘイが以前携帯を一時紛失した時
浮気を匂わせるような発言をし、ユカを
不安に陥れようとしてきたからだ。


「そういや…ユカちゃんに謝らなきゃ
いけないことがあったんだ。」


「え…なんですか?」


「前さ、俺、ユカちゃんに最低なコト
言った。

ユカちゃんの彼氏が浮気してるんじゃ
ないかって、不安にさせるようなこと
言って…ゴメン。」


「ケントさん…」


「あれからどう?
彼氏と上手くいってる?」


「はい。ご心配いりませんよ。
相変わらず仲良しですから。」


「なら良かった。」


ユカは少しだけケントを見直した。


そして会議が始まった。


ユカが真剣に議事録のメモをとる姿や
凛とした表情で発言する姿を、時折
ケントは愛おしそうに見守っていた。

同じテーマの記事

  1. 1

    MyhoneyCin...

    3時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18215 / 読者数 4109

  2. 2

  1. 3

    未来予想図

    6日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 768 / 読者数 3168

  2. 4

    When love ...

    14時間前

    リノ

    記事数 688 / 読者数 1329

関連するブログ記事

  1. 「ボディガード!?えぇ〜私のためにそんな…ありがとぉ...

  2. …そうだよね…ショウヘイくんに新しい彼女が出来ても何も...

  1. 旅行から帰ってきた翌日…。約一週間ぶりに出勤したレイナ...

  2. あれから3ヶ月が過ぎ、夏がすぐそこまで訪れようとしていた6...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/19 編集部Pick up!!

  1. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3