ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2999
  • 読者 715
  • 昨日のアクセス数 29157

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/26 23:01:58

  • 103
  • 4

すごく…すごく、悩んだ。

海くんの気持ちが嬉しいのと…

だけど、そんな事させられない。って葛藤と…

あたし自身…みんなを裏切れない…って…譲れない気持ちと…

そして、出した答えは…


「……ごめん…」

うつむいて、小さな声で謝ると…

「……」

海くんは、無言で頭を撫でてくれた。

「…え?」

顔を上げると…海くんは…優しい顔。

「…それでこそ、紅美だ。」

「…試したの…?」

「まさか。yesって言ってくれたら、本当に連れて逃げてたよ。」

「……」

「でも、Noって言って欲しかったんだと思う。その証拠に…今、紅美の事をますます好きになった。」

「海くん…」

海くんはあたしを優しく抱き寄せると。

「俺は…おまえを誇りに思うよ。」

耳元で、そう言ってくれた。

「海くん…」

涙が溢れた。


大好き。

愛してる。

もう…

言えない…。

でも…

大好き。

愛してる…。

愛してる……。


「…ありがとな。」

「…あたしこそ…」

「応援してる。」

「…あたしも…」

海くんの胸も…もう、これでお別れ。

あたしの掌に響く海くんの鼓動を、とても大切に感じた。


「いつか、おまえの隣にいるのが…あいつならいいな。」

海くんが、小さな声で言った。

「…あいつ…?」

あたしは、顔を上げて海くんを見る。

すると…

「…桐生院華音。」

海くんは、あたしを見つめたまま…少しだけ口元をゆるめて言った。

「え…?」

「いい男だ。妬けた。でも、あいつになら…負けても仕方ないって思える。」

「…な…何の事…?」

海くんは上を向くと。

「見てんだろ?覗くなよ。いやらしいな。」

大きな声で、そう言った。

すると、二階の窓が開いて…

「こんな真上で何が見えるっつーんだよ。この時間にここにいろって言ったの、あんただろーが。」

え?え?

「見えないのか。せっかく見せ付けてたのに。」

「残念でした。」

ええ?ええええ?

「…紅美を、よろしく。」

「それは、そいつ次第。」

「…素直じゃないな。」

「お互い様だ。」


あたしは…わけが分からなくて。

大声で交わされてる二人の会話を、ポカンとして聞いてるだけだった。

「続きは本人に聞け。」

海くんはあたしにそう言うと。

「…じゃあな。」

頭をポンポンとして…車に乗った。


お別れだけど…

何だか…

すごくスッキリしてて。

あたしは…

「海くん!!」

車に向かって、叫んだ。

「バイバイ!!またね!!」

海くんは、窓を開けて…手だけ出して振ってくれた。

…バイバイ。

今度こそ…


笑顔で。


バイバイ。

海くん。



…バイバイ。

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. ヒカリさん(99歳)ID:6576774・07/27

    アリアンヌさん
    お昼はフレンチトーストでした(*´∀`*)←朝がガッツリ和食

    好きな人のために何もかも捨てて…って、たぶん独身なら…
    いやいや、それでもやっぱりなかなか難しいですよね。
    私はノンくん同様ばばっ子なので、ばーちゃん捨てていけない(ノД`)シクシク
    あ、でもばーちゃん一緒でいいなら行くかも( *´艸`)

  2. 阿沙子さん(48歳)ID:6576766・07/27

    ヒカリさん
    焦げたパンは責任をもって食べました(T^T)

    ん~私が紅美ちゃんだったら…
    どうするだろ…
    本心は何もかも捨てて逃げたい
    でも…海君の事を考えて逃げないかな…でもでも
    諦められないよ…
    逃げたい~(T^T)(T^T)(T^T)

  3. ヒカリさん(99歳)ID:6576648・07/27

    アリアンヌさん
    パンを焦がすほど二人を見守ってくださったなんて(ノД`)シクシク
    焦がされたパンの分まで、お昼は私が美味しいパンをいただきます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    実際私が紅美ちゃんなら、やっぱり逃げないな〜。と思います。
    アリアンヌさん、どうされますか?

もっと見る

関連するブログ記事

  1. 24th

    06/22

    「音、星高の佐竹君をふったって本当?」あたしがそう問いか...

  2. 35th 52

    07/28

    「紅美…」「…あっ…海く…」施設を出た後、紅美は俺の...

  1. 21st 77

    06/21

    「はい。」明日の夜には、カプリでライヴ。レコーディン...

  2. 21st 55

    06/21

    「レコーディング終わったら、どこか行くって約束だったろ?」...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/24 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3