ブログランキング11

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 1754
  • 読者 587
  • 昨日のアクセス数 28153

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/25 17:29:30

  • 76
  • 0

4月になった。

あたし達は、ノンくんとあたしのツインボーカル、ツインリードって形で新しく練習を始めて。

それが…本当に驚くほどすんなりと…

「うん。いいわね。これで行きましょう。」

グレイスに、認められた。


あれよあれよと言う間に話が進んで。

5月からは、有名なライヴハウスに…単独ではなく、有名どころの前座として出演したり、地元のバンドと対バンでライヴに出演させてもらう事になった。

一週間に4日、それが4ヶ月間続く。

…ちょっとハードだ。


父さんからの寂しいから帰って来てくれコールに、やっと…母さんが日本に帰った。

忙しくなると、家で食事するのもままならなくなるから…その方が良かった。

でも、本当…この数か月。

母さんが居てくれた事は助かったし…充実させてもらえたし…

心から感謝した。

帰ったら親孝行しなきゃ。って本気で思った。


健康管理にも気を付けた。

貧血の検査もだけど…婦人科検診も受けてみた。

もう、みんなに余計な心配かけたくないし。

あらためて、一人の体じゃない。って言い方は…妊娠中だけに限らないんだなって思った。


「おまえ、なんでレの音だけ少しフラット気味なんだよ。」

ノンくんは、歌に関しても厳しかった。

「え?僕外れてる?」

「レ、だけな。」

「外れてたかな…」

「沙都、ノンくんの耳の良さは地獄って言われるそれと同じだから、間違いないんだよ。」

「沙也伽…誰が地獄耳だ。」

「あれっ、聞こえてた?」

「…隣で堂々と言いやがって…」

「レ…これ?~♪♪♪」

「そう。」

「ベースラインに釣られてるのかな。」

「ちょっと、あそこだけ弾き方変えていい?」


厳しくても。

忙しくても。

あたし達は、同じ方に向いてる。


有名バンドの前座を務めた夜は…会場の外に用意してあったCDの予約券が全部なくなった。

対バンのライヴは、回数を重ねるごとにファンがついて。

「次のライヴは、トリで。」

一ヶ月が過ぎた頃には…トリを任されるようになった。


「やーらしく激しく、あたし達『DANGER』らしく!!」

「Yeah!!」

あたし達は。

Live aliveでやったこの掛け声を、今も使ってる。

ステージ袖で円陣を組んで、最後はハイタッチ。


日本では、DEEBEEが第一弾のシングルがミリオンをとって。

もうじき第二弾が発売される。

あたし達も…頑張らなきゃ。


そうして、ライヴを重ねて…

普通はCD発表と共にデビューってパターンだけど。

あたし達は、それが売れたらデビューが決まる。

まずは50万枚売れたら。なんて、すごく高いハードルを設定されたけど。

週に四回のライヴは効果があったようで…


「50万枚、クリアしたわよ!!」

グレイスがあたし達に抱きつきながら、そう言った。


あたし達…デビューするんだ!!

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 21st 37

    06/21

    「アメリカ?」あたしは、間抜けな声。先月華月ちゃんが...

  2. 35th 18

    07/25

    もうじき春。相変わらずグレイスはいい顔をしないけど、あた...

  1. 33rd 46

    07/15

    「おはよ、紅美ちゃん。」翌朝。事務所に行くと、エスカ...

  2. 33rd 61

    07/16

    『BEAT-LAND Live alive』 朝霧沙也伽...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/21 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3