ブログランキング23

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1041
  • 読者 400
  • 昨日のアクセス数 13027

スキナツ 2

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/25 14:12:14

  • 23
  • 0

「海大好きー!泳ぐのも得意だよ!」
「へえ……なんか意外」

ゆうくんと一つの浮き輪を持って、足のつかないとこまで泳いだ。

「小さい頃からリヒトの家族と一緒にここ連れて来てもらってたから。お兄ちゃんも一緒に」
「本当に仲良いんだな」
「うん!中学からは子ども達だけで、高3までほぼ毎年来てたかなぁ」


何気なく言った言葉に、ゆうくんが考えるような表情になる。


「どうしたの?」
「……その時もこんな水着?」


え……もしかして、ヤキモチ!?
心配してくれてる!?


「何ニヤニヤしてるんだよ」
「えーだってー……でも、こんな水着着たのは初めてだよ♡お兄ちゃんが絶対許してくれなかったもん」
「……そっか。ナンパとかもなかった?」
「それはあったけど、すぐにお兄ちゃんが助けてくれたよ」
「……お兄さんに感謝だな」


嬉しー♡
こんなゆうくんが見られるなんて、海サイコー!!


調子乗って泳ごうとした瞬間、脚にピリッとした痛みが走った。


え!?
まさか……脚つった!?


一気に体が波に飲み込まれそうになった……瞬間、ゆうくんの腕が体を引き上げてくれた。


「けほっ……あっ……ありがと……っ」
「本当……目が離せないな……大丈夫?」
「ゆうくんがすぐ助けてくれたから……大丈夫……」


浮き輪に両手で掴まると、後ろから体を包むようにしてぎゅっと抱き締められる。


「ひなきは危なっかしいから、本当はずっと傍に置いときたいぐらい心配」
「えっ?…それって仕事中も?」
「ああ……大学とか店で声かけられてないかとか」


……嘘……ゆうくん仕事が忙しくて、あたしのことなんか忘れてるかなって思ってた……。
そんな風に思ってくれてたなんて、嬉しすぎて涙が出そう……。


「ゆうくん……大好き♡」
「……俺も……水着、俺以外の前で着るなよ」


きゃー♡
独占欲嬉しいー!海マジック!!





「ここ、人全然来ない穴場なの!」

少し離れた砂浜にゆうくんを案内する。
小さい頃からお兄ちゃんやリヒトとよく遊びに来た、秘密の場所。


いつかここに恋人と来れたらって想像もしてた……本当に叶うなんて……。


「ここならパーカー脱いでもいいよね?」
「ダメ」
「えーっ!なんで!?」


今度は正面から抱き締められる。
素肌が直接触れて、ドキドキ…きゅんきゅんしちゃう…!


「……俺が我慢出来なくなる」
「!!……そんなこと言われたら、あたしも……あ!でも……もうすぐリヒトと交代の時間……」


夜だって、部屋は女部屋と男部屋で別れるもんね……。


「……じゃ、今だけ楽しもう」

優しく微笑むと、抱き締めたまま唇を合わせた。


大好きな海。
大好きな場所で。

子どもの頃から憧れてた、大好きな人とのキス……。


最高の夏の思い出♡

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「24時間〜」キャラで、夏らしい短編を書いてみようと思います...

  2. 38

    2015/12/03

    「ナナミ、色々辛かったんだね……」傷を撫でながらナツさ...

  1. 21st 39

    06/21

    「…が欲しい…」「…あ?」だめ。あたし、何言って...

  2. 「綺麗な海だね。泳ぎたいー」「水着、持って来れば良かった...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3