Cry for the moon

無い物ねだりな恋

  • 記事数 10
  • 読者 1
  • 昨日のアクセス数 1

ひとりぼっちの帰り道

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/07/25 10:03:15

  • 2
  • 0

夕方になるとだんだんチームのメンバーも集まってくる。
「福岡さん、月ちゃんとふたりで練習?あやしい〜」
声をかけてきたのは最年少女子のさなちゃんだ。
「お父さんをからかうんじゃないよ」
そーちゃんは照れてくさそうに、娘より若い彼女に応えている。
さなちゃんは続けざまに
「福岡さんは月ちゃんの大ファンだもんね」
言い残し他のレーンに行った。
「若い子には敵わないな〜」
ふたりして苦笑いだがそーちゃんはまんざらでもない様子。
「俺そろそろ上がるね、また練習しよう」
そーちゃんはそう言って帰り支度をはじめた。
「そーちゃんまたね、私ももう少ししたら帰ります」
そーちゃんはうなずきながら、手を振りレーンを後にした。
その後ろ姿が寂しそうで、ちょっとときめく。
この人いい人だな〜とは思う、でも奥さんがいる。
そんなことを考えながら私も帰り支度を済ませ、ボウリング場を後にした。
ひとりぼっちの帰り道は何かが足りなくて寂しく感じた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 20

    2016/10/07

    試合が始まると一転、2人して大盛り上がり。裕太くん...

  2. 同学年の子は知っていたと思う。練習前にグローブの紐がち...

  1. 娘はある意味幸せな子です。おばあちゃまは優しいし、パパは...

  2. 上原君が一体何を言いたかったのか考えれば考えるほど私の妄...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/21 編集部Pick up!!

  1. 仕事に行くフリして働かない夫
  2. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3