ブログランキング44

♡咲夜の小部屋♡R18♡

快楽責めメインの妄想小説。自己責任でネ♬ 今度は 密かな一人遊び?…♡

  • 記事数 461
  • 読者 832
  • 昨日のアクセス数 4230

≪WとKの出逢い≫ 20

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/07/25 16:35:05

  • 40
  • 0

「顔が赤いよ。 逆上せたかな? 」


「う、うん。 ちょっと逆上せてきたかも…」


剣市さんは私を抱えて、浴槽の縁にある一段上の段差に乗せてくれた。


上半身が湯から出たから、夜風が心地よい。


「バスタオルはルール違反なんだよ。」


「あ…、そうですね。 でも…」


「分かっているよ。 ちょっと意地悪を言ってみただけだ。」


そう言いながら、同じ段差に座った剣市さんも腰にバスタオルを巻いていた。


こう言う紳士なところが好き。


剣市さんは、私の頬に手のひらを滑らせて、耳に触れた。


ビクッとして視線を上げると、剣市さんと目が合った。


数秒間、見つめ合うと、そのまま引き寄せられる様に唇が重なり、私は眼を閉じた。


剣市さんの舌が、私の唇を上下に割る。


歯列を這い、力が抜けて開いた歯の間を割って舌と舌が触れ合う。


思わず舌を引っ込めた私。


引っ込めた舌を追いかける様に、深く入り込む剣市さんの舌。


一度、私の舌が、剣市さんの舌に捕らえられると、そのまま絡み付いてくる。


剣市さんの舌の動きが、私を酔わせていく。


だんだん頭がボンヤリとしてくる。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ★ボクはそれでも恋をする★       ハジメに...

  2. 腕を捕まれたままバスルームへ。 「手加減してやろー...

  1. 向かい合って座ると、健吾の視線が上から下、下から上へ。...

    YOU.

    • 120
    • 0
  2. 短編)狼73

    2016/08/26

    雪の顎に手を当てる。軽く上を向かせる。よく見ると、その唇は淡...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/16 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3