ブログランキング45

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2447
  • 読者 584
  • 昨日のアクセス数 4795

次は…《246》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/07/24 17:05:19

  • 40
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





今、俺はイったばかりのタクミを、見下ろ
している。

その目は俺を見ているが、意識はどこかへ
飛んで行っているようだ。


キュポン


ローションのキャップを外した音に反応
して、瞬きを繰り返した。


「膝を立てろ」

「ぅん…」


俺の指示に素直に従う。そんな、タクミが
可愛くて、もっと気持ちよくさせてやりた
い思いがこみ上げる。

ローションをたっぷり手にとり、蕾になじま
せると、タクミの顔がいっきに赤くなる。

ひくつくソコが見たい。俺はタクミの膝を
押し上げ、尻を上げさせた。


「やだ……みないで」


ちょっと高い声が、俺の耳に流れ込む。
それだけでも、十分煽られるのに、強引に
覗き込んだ蕾は、収縮を繰り返していて
理性を奪い取る、



「きれいだぞ。なんども突っ込まれた所
とは思えないくらい」

「何言ってんの?もぉ~」


タクミのココへ入った男たちに嫉妬心が
ふつふつとこみ上げる。

これからは俺以外の男の侵入は絶対に
許さないとばかりに、指を2本ねじ込んだ。


「あっ…いきなり……」


確かにいきなり2本は無謀だったと、反省
するが、タクミのソコはすぐに順応した。

どこをどう愛撫すればタクミが喜ぶか判って
いる。しかし、すぐにはソコには触らない。


「ぁん……ぁ……んん……」


もどかしいだろう、フフッ、その顔が
たまらない。もっともっといじめてやり
たかったが、この辺りで許してやらないと
こいつは泣き出すかならな……。


「カオル……」

「判ったよ、ここだろ」


と、内側から強くソコを刺激した。


「ひゃぁ~~、あぁぁ~~~」







同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 風が薫る穏やかな昼下がり港を見下せるベンチに腰掛け...

  2. ★ボクはそれでも恋をする★       「ん……...

  1. Cage"

    2016/02/29

    Gone away is the blue bird he...

  2. On July 1, 1867, Canada became...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3